滝川西が敗退 選手宣誓の堀田主将「全力疾走は最後までできた」

滝川西が敗退 選手宣誓の堀田主将「全力疾走は最後までできた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13
No image

最後までキャプテンとしてナインを引っ張り、甲子園を後にした滝川西・堀田(右)=阪神甲子園球場(撮影・中田匡峻)

「全国高校野球選手権・1回戦、仙台育英15-3滝川西」(12日、甲子園球場)

滝川西の甲子園初勝利は強豪・仙台育英の圧倒的パワーに跳ね返された。

開会式で「真っ白なユニホームが真っ黒になるまで練習し…」などと選手宣誓を行った主将の堀田将人内野手(3年)は試合前に「守りからリズムを作っていきたい」と話していたが、初回に2ランで先制されると、二回には「焦りが出て」バント処理のミスからピンチを広げ、相手先発・長谷川の3ランを浴びた。

その後も自らのものを含む失策が絡んでの失点が膨らみ「準備不足でした」と唇をかんだ堀田主将。

それでも北海道から遠路いとわず駆けつけ、アルプスを埋めた応援団に「すごく後押ししていただいた。あれがあって(竹原の二塁打による反撃の)3点もあったと思います」と感謝し、続けてチームのモットーとしている「全力疾走は、最後までできたと思います」と、大敗にもさわやかな北の涼風を吹かせ、甲子園を去った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ありがとう三本松 公立の星に3500人大応援団感動
大阪桐蔭 新チームが始動 福井主将 中川へ「絶対折れたらアカンぞ」
清宮幸太郎、中村奨成ら U18日本代表20人発表
仙台育英・佐藤「いつかは兄を超えてみせる」 兄のオリックス・世那超え誓う
東海大菅生 3戦7発 強振徹底、2番松井「当てにいくと怒られる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加