山崎賢人主演「里見八犬伝」全キャスト解禁 “八犬士”に初舞台の西銘駿ら

山崎賢人主演「里見八犬伝」全キャスト解禁 “八犬士”に初舞台の西銘駿ら

  • モデルプレス
  • 更新日:2016/11/30

山崎賢人/モデルプレス=11月30日】俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が主演をつとめ、2017年4月・5月に全国12ヶ所で上演される舞台『里見八犬伝』の全キャストが30日、解禁となった。

No image

(写真 : “八犬士”を演じる(左から)青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史)

【さらに写真を見る】山崎賢人主演「里見八犬伝」キャスト一挙解禁

◆“八犬士”キャスト一挙発表

山崎演じる犬塚信乃をはじめ、物語の中心となる“八犬士”には、青木玄徳【犬山道節】、玉城裕規【犬川荘助】、和田雅成【犬田小文吾】、西銘駿【犬江新兵衛】、松島庄汰【犬坂毛野】、荒井敦史【犬飼現八】、丸山敦史【犬村大角】が決定。『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)で主演をつとめた西銘は今作が初舞台となる。

ほか青野楓【浜路】、栗山航【左母二郎】、松田賢二【ゝ大法師】が出演、八犬士の最大の敵である【玉梓】と物語の鍵を握る【伏姫】の2役は比嘉愛未が演じる。

◆主演・山崎賢人で待望の再演

知勇に優れ、「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる怨霊集団に果敢に挑み、戦いの末に悪を打ち滅ぼしていくという、滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマを、時代物の舞台作品に定評のある鈴木哲也氏が既存の物語設定をもとに書き下ろしたアクションスペクタクル時代劇。映画監督、故・深作欣二氏の代表作でもある同作を、息子の深作健太氏が舞台版として演出する。

これまで日本テレビの企画・製作で2012年、2014年と上演されたが、脚本・演出をさらにブラッシュアップし、来春の上演を決定版として全国12ヶ所を巡る大型プロジェクトが始動。2014年版で初舞台・初主演を飾り、迫真の演技を披露した山崎が再び主演をつとめる。

原作『南総里見八犬伝』の故郷である千葉県・館山市の南総文化ホールで開幕し、4月18日~24日に文京シビックホールで東京公演を開催。その後、大阪・高松・高知・長崎・福岡・金沢・広島・愛知・青森・仙台での上演を予定している。(modelpress編集部)

■『里見八犬伝』

脚本:鈴木哲也

演出:深作健太

主演:山崎賢人

【公演スケジュール】

館山公演:4月15日(土)・16日(日)南総文化ホール

東京公演:4月18日(火)~24日(月)文京シビックホール

大阪公演:4月29日(土)・30日(日)梅田芸術劇場メインホール

高松公演:5月3日(水・祝)レクザムホール

高知公演:5月5日(金・祝)高知県立県民文化ホール

長崎公演:5月7日(日)長崎ブリックホール

福岡公演:5月10日(水)福岡サンパレス

金沢公演:5月13日(土)本多の森ホール

広島公演:5月16日(火)広島文化学園HBGホール

愛知公演:5月20日(土)・21日(日)刈谷市総合文化センター

青森公演:5月24日(水)リンクステーションホール青森

仙台公演:5月27日(土)東京エレクトロンホール宮城

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローリングストーン誌が選ぶ、2016年ベストアルバム50枚
フレデリック、ROLLYが天候不良の影響で本日の札幌公演中止
SMAP「世界に一つだけの花」300万枚の大台突破
ROLLYの札幌公演も延期に 天候不良の影響「改めて皆さまに会いにいきます!」
乃木坂46、「プリンシパル」公演の開催をサプライズ発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加