視力が悪い人々が見ている世界を描いた風景画が美しい

視力が悪い人々が見ている世界を描いた風景画が美しい

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2018/08/12
No image

南アフリカ、ピーターマリッツバーグ生まれの画家、フィリップ・バーロウ(Philip Barlow)が描く、視力が悪い人が目にする風景。

輪郭がボヤけているからこそ想像力が掻き立てられて、輪郭がボヤけているからこそ煌めく光が美しい。

夜景や夜空や花火なんかも、視力が悪いほうが美しく感じられるんじゃないかと思ったりもする。

【オススメ記事】 タトゥーにグリーンスクリーンを入れて映像を合成するという発想がすごい

1.

No image

2.

No image

3.

No image

4.

No image

5.

No image

6.

No image

7.

No image

8.

No image

9.

No image

10.

No image

11.

No image

12.

No image

13.

No image

14.

No image

15.

No image

16.

No image

17.

No image

18.

No image

source:Izismile

@philipbarlow Instagram

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】「僕ここだよ」不明の2歳男児を無事保護
「COMITIA125(コミティア125)」参加サークル要注目作品まとめ
【その発想はなかった】おじさんがバスケの試合で見せた「天才的なフェイク」にネット民が大笑い
「バカと天才は紙一重なんだなぁ......」という写真
「なんてデカさだ!」その大きさに驚いてしまう、色々なものの写真集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加