最新ランキングをチェックしよう
視力が悪い人々が見ている世界を描いた風景画が美しい

視力が悪い人々が見ている世界を描いた風景画が美しい

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2018/08/12

南アフリカ、ピーターマリッツバーグ生まれの画家、フィリップ・バーロウ(Philip Barlow)が描く、視力が悪い人が目にする風景。

輪郭がボヤけているからこそ想像力が掻き立てられて、輪郭がボヤけているからこそ煌めく光が美しい。

夜景や夜空や花火なんかも、視力が悪いほうが美しく感じられるんじゃないかと思ったりもする。【オススメ記事】 タトゥーにグリーンスクリーンを入れて映像を合成するという発

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自ら助けを求めてきた猫
ねこちゃんホンポ
嫌いな人に抱っこされた時だけリアルな死んだフリでやり過ごす子犬がすごい!
7歳にして24億円以上をYouTubeで稼ぎ出した少年は一体何を公開しているのか?
真面目なスポーツ番組の生放送中にまさかの放送事故!しかし「情熱がすごい」と賞賛される!
研究室の机でスヤスヤと眠っていた猫。しかし、目の前にご飯が出されると超可愛い反応をして話題に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加