最新ランキングをチェックしよう
視力が悪い人々が見ている世界を描いた風景画が美しい

視力が悪い人々が見ている世界を描いた風景画が美しい

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2018/08/12

南アフリカ、ピーターマリッツバーグ生まれの画家、フィリップ・バーロウ(Philip Barlow)が描く、視力が悪い人が目にする風景。

輪郭がボヤけているからこそ想像力が掻き立てられて、輪郭がボヤけているからこそ煌めく光が美しい。

夜景や夜空や花火なんかも、視力が悪いほうが美しく感じられるんじゃないかと思ったりもする。【オススメ記事】 タトゥーにグリーンスクリーンを入れて映像を合成するという発

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】グーグルマップでサハラ砂漠の“巨大ドラゴンの化石”が発見される! 体長10km、座標アリ... 「伝説は真実だった」
【衝撃】生まれて初めて「IKEA」に行ってみた結果 → 入口に入っただけで帰りそうになった
YouTube障害で「人類文明崩壊の危機」 世界中がパニックに
金で運転技術は買えない。高級車を台無しにしてしまった悲しい瞬間の映像集
首に見えるけど実は違う! ある女性の写真に困惑する人続出「5分見ても正解が分からなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加