「1階は火の海だった」 鳥取で昼火事 小3女児不明

「1階は火の海だった」 鳥取で昼火事 小3女児不明

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/12
No image

動画を見る(元記事へ)

鳥取市で住宅が全焼し、焼け跡から小学校3年生の女の子とみられる遺体が見つかりました。

12日午前11時ごろ、鳥取市立川町で「稲荷神社の近くの家が燃えている」と近くに住む女性から119番通報がありました。
目撃者の女性:「煙がモクモク上がっていまして、1階が火の海でしたね。ガラスも燃えて、パリンといってすごい勢いで燃えていました」
この火事で、木造2階建ての住宅75平方メートルが全焼し、21歳の男性がやけどをして病院に搬送されたほか、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察によりますと、けがをした男性の小学校3年生の妹(9)と連絡がついていないことから、警察は遺体がこの女の子とみて身元の確認を急いでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
女子大学生が乳児の遺体を...ポリ袋に入れ遺棄か
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
「帰り道分からない」と交番に...教師が覚醒剤使用か
日本の学校は地獄か...いじめ自殺で市教委がとった残酷すぎる言動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加