「柔道黒帯」の女が知的障害の入所者に暴行

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/09/15

栃木県宇都宮市の知的障害者支援施設で今年4月、入所者の男性が暴行を受け、腰椎骨折などの大怪我をし、一時意識不明の重体となったそうだ。

この事件で、「柔道黒帯」の元職員の女(25歳)ら2人が傷害の疑いで逮捕されたという。2人はかわるがわる入所者男性を蹴るなど暴行を働いた疑い。警察の調べに対して、元職員の女は「暴行はしたが、蹴ってはいない」と話しているそうだ。

「何かの間違いなんじゃないかというが、正直な気持ちすかね」「(仕事への)不満とかは聞いたことないかなあ」(元職員女の兄)

施設によれば、元職員の女は約2年間、施設で働いており、遅刻欠勤などもなく、勤務態度はマジメだったという。入所者ともコミュニケーションを取るなど、仕事に意欲的に取り組んでいる印象だったそうだ。

「これ、重症の方が多い養護施設ということですから、指導するにも言うこと聞かない人とかいて、手が出たり、足が出たりしたのかなあ」(小倉智昭キャスター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「急に軽く...」2人乗り自転車から落ちた女性重体に
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
久留米大附設、ラ・サール... 医学部受験を席巻する高校が九州に多い理由
通勤ラッシュ時、乗客数が多い首都圏鉄道路線ランキング...池袋駅に都市1つ分の人口流入
「爆発のような音が...」千葉・市川市で車が正面衝突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加