コスパ重視、音質重視、ゲーム用、密閉型・開放型、ヘッドホンのおすすめ11選

コスパ重視、音質重視、ゲーム用、密閉型・開放型、ヘッドホンのおすすめ11選

  • @DIME
  • 更新日:2019/06/26
No image

最近では「ワイヤレスイヤホン」が主流になってきているが、音質を重視する人は有線タイプのヘッドホンを選ぶことも多い。また、ヘッドホンをすることを「ファッションの一部」と考える方もいる。

本記事では、コスパの良いもの・ゲーム用・密閉型・開放型、それぞれのおすすめのヘッドホンを紹介する。使用する場所や用途に合わせて、最適なものを選ぶようにしよう。

【目次】

・コスパ最強!価格の安いのおすすめイヤホン

・ゲームにおすすめのヘッドフォン

・密閉型(クローズド)のおすすめヘッドホン

・開放型(オープンエアー)のおすすめヘッドホン

コスパ最強!価格の安いのおすすめイヤホン

はじめに、価格は安いものの評価の高いおすすめ高コスパヘッドホンを紹介する。はじめてヘッドホンを購入する方は、次のランクのものを買う前の「基準」として活用するものいいだろう。

SONY MDR-XB550AP

No image

SONYのMDR-XB550APは、シンプルでおしゃれなデザインが魅力のステレオヘッドホン。

「ベースブースター」に加え、ドライバーユニットから鼓膜までの気密性を高めることで、上質な重低音を実現した。低音重視の方におすすめ。カラーバリエーションが豊富なのもポイント。

DENON AH-D1100

No image

DENONのAH-D1100は、「折たたみ機構」を採用した密閉型ステレオヘッドホン。回転式ハウジングを取り入れた、収納・持ち運びに便利なモデルだ。

新形状のヘッドバンドにより、快適な装着感を実現している。本体・延長コードには、高音質に寄与する「高級アルミスリーブ付金メッキプラグ」を採用。持ち運びを前提にする方におすすめ。

オーディオテクニカ ATH-AD500X

No image

オーディオテクニカのATH-AD500Xは、広帯域再生が特徴のヘッドホン。新開発の大口径ドライバーを採用することで、迫力のある低域・美しい中高域を実現した。

「アルミニウム製ハニカムパンチングケース」により、高い強度・軽量化に成功。ケース内の空気の流れをスムーズにすることで、余韻までしっかりと楽しむことができる。

ゲームにおすすめのヘッドフォン

ここでは、ゲームにおすすめのヘッドホンを紹介する。ゲームの世界観を存分に味わいたい方は、ここで紹介するものを試してみよう。

Kingston(キングストン) HyperX Cloud Alpha HX-HSCA-RD/AS

No image

キングストンの HyperX Cloud Alpha HX-HSCA-RD/ASは、オーディオ再生に定評のあるゲーム用ヘッドホン。低音と中高音が分離した、クリアな音を楽しむことができる。PCオンラインゲームはもちろん、PS4などのゲーム機での使用もおすすめ。ノイズキャンセリングマイクは取り外すことも可能。

SteelSeries Arctis 5

No image

SteelSeries Arctis 5 は、PCゲーマーに特化してデザインされたヘッドホン。高品質の「S1スピーカードライバー」を搭載することで、音の歪みを抑えている。点灯部分の色を、1億6800万色の中から自分好みの色にカスタマイズできるのも面白い。かわいい見た目も魅力。

密閉型(クローズド)のおすすめヘッドホン

ここでは、密閉型(クローズド)のおすすめヘッドホンを紹介する。遮音性が高く、音漏れしにくいヘッドホンを探している方は、ここで紹介するものを参考にしてみよう。

SONY WH-1000XM3 ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

No image

SONYのWH-1000XM3は、ソニー独自の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」を搭載したヘッドホン。ワイヤレスでも、ハイレゾ相当の高音質を楽しめるのが特徴だ。

「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」を使えば、外出先でも周囲の音を確認できる。クイック充電に対応しており、10分の充電でおよそ5時間の再生が可能。

JBL T450BT

No image

JBLのT450BTは、深みのあるパワフルな低音が特徴的なワイヤレスヘッドホン。32mm径ドライバーを採用し、広い会場にいるかのような低音を楽しむことができる。1回の充電で最大11時間の再生が可能。わずか155 gと軽量なのもポイント。

Beats EP

No image

Beats EPは、頑丈で軽量なヘッドホン。ステンレススチール製のフレームを採用し、高い耐久性を実現した。アーティストが聴かせたい音楽を忠実に再現してくれるのもポイント。普段使いにおすすめのヘッドホンだ。

折りたたみ可能なキャリングポーチ付き。iPhoneとの相性も良い。

開放型(オープンエアー)のおすすめヘッドホン

ここでは、開放型(オープンエアー)のおすすめヘッドホンを紹介する。スピーカーで聴く音楽のような臨場感を味わいたい方は、ここで紹介するものを参考にしてみよう。

ゼンハイザー HD 660 S

No image

ゼンハイザーのHD 660 Sは、自然で臨場感のあるオーディオ体験ができるオープン型ヘッドホン。厳選されたヘッドホンドライバーを採用することで、左右の許容差(± 1 dB)を正確に一致させて精度を維持している。伝導性の高い「OFC銅線」を使うことで、ハンドリングノイズを抑えてくれるのもポイント。

AKG K701

No image

AKGのK701は、マイケルジャクソンの楽曲を手がけたことでも知られる、クインシー・ジョーンズが監修したプレミアムヘッドホン。本革素材・金属製のアーチ・ハードゴールドメッキのジャックケーブルなど、すべてがプレミアム仕様になっている。

「フラットワイヤーボイスコイル技術」、特許取得済みの「Varimotion多層ダイヤフラム」「AKGネオジム磁石システム」を採用し、歪みのない低音レスポンスを実現。立体感のあるサウンドを好む方におすすめ。

beyerdynamic AMIRON HOME

No image

beyerdynamicのAMIRON HOMEは、自宅でゆっくり音楽を楽しむための開放型ヘッドホン。「快適なホームリスニングの在り方」を追求したモデルだ。音楽はもちろん、テレビや映画なども高音質で楽しみたい方におすすめの1台。

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

文/久我裕紀

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
歯列矯正を変えた3Dプリント技術、「破壊力」に投資家も注目
マリンスポーツにも使えるアクションカメラ「STACAM」がリーズナブルプライスで登場!
携帯電話会社はどうやってテザリングによる通信を制限しているのか?
ここまで進化した!最新スマホ「Xperia 1」の基本性能とその実力
ハイスペックな最新モデルをできるだけ安く手にいれたい人は「通信5GB+スマホ代=月額7000円台」がベストな選択!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加