【阪神JF】マウレア豪快走 タフな馬場でも脚色衰えず

【阪神JF】マウレア豪快走 タフな馬場でも脚色衰えず

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

美浦Wで文句なしの併せ馬を行ったマウレア(左)

「阪神JF・G1」(10日、阪神)

普段より時計のかかった6日の美浦W。タフさの求められる馬場でも、無敗馬マウレアの脚色が衰えることはなかった。ロードライト(2歳500万下)を2馬身追走し、いざ直線へ。早々に手応えが怪しくなったパートナーを尻目に、豪快に四肢を伸ばした。

5F69秒4-13秒5で2馬身先着。手塚師からも思わず笑みが漏れる。「きょうの馬場では上がりがかかるのは仕方ない。順調。息も良かった」と合格点を与えた後、ためらいもなく「不安はない」と言い切った。

「性格がきつくて負けず嫌い。強い性格だね」。2歳牝馬とは思えない、強じんなメンタルに対する信頼は厚い。全姉のアユサンは13年桜花賞馬。このレースは7着に敗れている。「現時点での評価はこちらが上」。まずは姉が届かなかった2歳女王の座を射止める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
勝負するならコレ!男が“ドキッとする”下着&“ガン萎えする”下着
『イッテQ』みやぞん異例のリタイア 番組スタッフの言動に批判殺到
元モー娘。石川梨華の結婚パーティーで判明した、“公式ハブ”メンバーの裏事情
森星、ビーチで圧巻の美脚披露に感嘆の声 「砂に埋まっててこの脚の長さ!」
大門、余命3か月「ドクターX」細い体は伏線だった!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加