三菱重工とNTT、制御システム向けのサイバーセキュリティ技術を共同開発

三菱重工とNTT、制御システム向けのサイバーセキュリティ技術を共同開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

三菱重工とNTTは11月30日、共同開発により、重要なインフラ(社会基盤)などの制御システム向けサイバーセキュリティ技術「InteRSePT」の試作を完成させたことを発表した。

InteRSePTは「リアルタイム検知・対処装置」と「セキュリティ統合管理装置」で構成され、ネットワークに流れるリアルタイムのデータを統合的に監視し、制御指令を悪用したサイバー攻撃に対して、対象機器の運転状態ごとに適用するセキュリティルールを変更することで可用性を重視したリアルタイムなセキュリティ対策を実現している。

No image

「InteRSePT」のイメージ

具体的には、制御システムのネットワークに流れるセンサ情報のパケットを収集・分析して運転状態を把握し、運転状態等に応じて「リアルタイム検知・対処装置」における通信制御ルールを変更、ルールに基づいてパケットを分析し、通過・遮断を制御する。

さらに、複数のセンサ情報を「セキュリティ統合管理装置」に集約し、制御システム全体の挙動を統合的に監視することで異常を早期発見につなげ、未知のサイバー攻撃にも迅速に対応して被害を最小限に抑えることができるという。

今後は、東京都内にある三菱重工のセキュリティ開発・実証拠点「サイバーラボ」で試作の評価、制御システムへの適合性検証を行う方針だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本のIT産業の生産性の低さの一つの理由 --- 水野 匡章
【ビデオ】ダッジ、米国製マッスルカー初の4輪駆動となる「チャレンジャー GT」を発表!
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
業務の効率化に貢献!?オフィスの個室トイレの空き状況が確認できるアプリ『Toilet IoT』
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加