エールフランス航空、シャルル・ド・ゴール空港ビジネスクラスラウンジの拡張工事の一部を完了

エールフランス航空、シャルル・ド・ゴール空港ビジネスクラスラウンジの拡張工事の一部を完了

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/14
No image

エールフランス航空は、パリのシャルル・ド・ゴール空港第2ターミナルで行っている、ビジネスクラスラウンジの全面改装・拡張工事の一部を1月25日に完了し、オープンした。

No image

場所はLホールで、パリのネオブラッスリー感覚をコンセプトにシェフが常駐するオープンキッチン、2室のプライベートサウナ、色々なお茶が楽しめるデトックスバー、広々としたシャワールームなどを備える。また、貸し切りが可能な「ル・クラブ」、携帯電話の音が鳴らない静かなスペース「ル・プチサロン」、オリジナルグッズが購入できる「エールフランスショッピング」なども設けた。

No image

改装工事完了後の面積は3,200平方メートルとなるものの、今回オープンしたのはそのうち一部の2,180平方メートル。7月には工事を終了し、全面リニューアルオープンを予定している。

No image

利用対象となるのは、エールフランス航空のビジネスクラス利用者、エールフランスKLMのマイレージプログラム「フライング・ブルー」のエリートプラス会員など。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1000万以上の貯蓄が200万に...仮想通貨相場に翻弄された経済担当記者の顛末
企業は「クラウドファンディング」をどう活用するべきか
あきらめるのはまだ早い!「医療費控除」は10万円以下でもOK
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
100年乗っても大丈夫!? 爆撃機B-52はなぜこれほど長寿命なのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加