女子決勝はアメリカがウクライナを2-1で下して優勝 [ワールドジュニアU14 決勝大会]

女子決勝はアメリカがウクライナを2-1で下して優勝 [ワールドジュニアU14 決勝大会]

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2017/08/13
No image

「ワールドジュニア 決勝大会(男女14才以下 国別対抗戦)」(チェコ・プレステヨフ/8/7~12/クレーコート)の大会最終日は、決勝トーナメント準決勝などが行われた。

女子決勝は第2シードのアメリカ(グループD・1位)が第1シードのウクライナ(グループA・1位)を2-1で下して優勝を飾った。両国は昨年の決勝でも対戦し、ウクライナが勝っていた。

日本女子はアジア・オセアニア予選(タイ・バンコク/3月27日~4月1日/ハードコート)で6位となり、出場権を確保できなかった。

※国名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

◇   ◇   ◇

<決勝トーナメント結果/女子>

【決勝】

●1ウクライナ[1](グループA・1位)1-2 ○8アメリカ[2](グループD・1位)

------------

【3-4位決定戦】

●1チェコ[6](グループB・1位)1-2 ○2ロシア[3](グループC・1位)

------------

【5-6位決定戦】

●2中国(グループD・2位)1-2 ○3韓国[7](グループA・2位)

------------

【7-8位決定戦】

○1ペルー[8](グループC・2位)2-0 ●2オーストラリア[4](グループB・2位)

------------------------

◎最終順位:女子

1位 アメリカ
2位 ウクライナ
3位 ロシア
4位 チェコ
5位 韓国
6位 中国
7位 ペルー
8位 オーストラリア
9位 フランス
10位 タイ
11位 スロバキア
12位 ブルガリア
13位 カナダ
14位 モロッコ
15位 ベネズエラ
16位 チュニジア

テニスマガジン/Tennis Magazine

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式

決勝トーナメントの詳細はITFサイトへ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“悪女”ならまだマシ! 錦織圭の彼女・観月あこがヤバいとされる理由
錦織圭「今季絶望」の原因は恋人観月あこ?ネットでは意見まっぷたつ!
快進撃の杉田祐一は準々決勝でディミトロフに敗退 [ウェスタン&サザン・オープン]
杉田 マスターズ初4強ならず
錦織圭が今季絶望?原因は「さげまん」モデルの交際相手か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加