田村亮一が2度目挑戦で王座奪取、中川麦茶を圧倒

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/01/13

ボクシングの日本スーパーバンタム級王座決定戦が12日に後楽園ホールで行われ、同級2位田村亮一(31=JB)が同級1位の中川麦茶(30=角海老)に10回判定3-0で勝ち、2度目の挑戦でベルトを手にした。

序盤から重さのあるストレートで積極的に攻め、5回終了時で3-0と圧倒。そのまま最後までリードを保ち、勝利した。元日、漫画「はじめの一歩」の作者でもある森川会長に年始のメールを送り、「まだ明けてない。何がおめでとうだ」と叱咤(しった)の返信をもらっていた。悲願のベルトとともに田村の新年が始まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
福島が逆転初優勝 箱根4区区間新の相澤快走!都道府県対抗男子駅伝
「井上尚弥はすべてが理想形」敗れた元世界王者が語る怪物の実像
40歳パッキャオ初防衛 初戴冠から20年以上トップ君臨、ブローナーに判定勝ち
那須川天心「心には一生残る」メイウェザー戦の負けは戦績除外も...
那須川天心1回KO負けに号泣 試合後にはメイウェザーからメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加