ニューヒロイン候補、19歳MF愛川陽菜がINAC6大会ぶりの女王奪還へ力強く宣言「絶対勝つ」

ニューヒロイン候補、19歳MF愛川陽菜がINAC6大会ぶりの女王奪還へ力強く宣言「絶対勝つ」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2023/01/25
No image

皇后杯決勝へ向け、JFAが各選手のショートメッセージを配信。25日にはINAC神戸レオネッサのMF愛川陽菜が意気込みを語った。

【動画】皇后杯決勝へ向けた愛川陽菜からのメッセージ

第44回皇后杯決勝が28日にヨドコウ桜スタジアムで行われる。2大会ぶり16度目の優勝を目指す日テレ・東京ヴェルディベレーザと、6大会ぶり7度目の優勝を狙うINAC神戸レオネッサが相まみえる。

I神戸は準々決勝で前回覇者の三菱重工浦和レッズレディースと対戦。守勢の時間が続く中で成宮唯が少ないチャンスを確実にものにし、2-1で勝利を収めた。続く22日の準決勝も先制し追い付かれる展開の中で、成宮の決勝点でちふれASエルフェン埼玉を2-1と振り切った。

第32回大会からの4連覇を含む、7年で6度の優勝と一時代を築いたI神戸は、6大会ぶりの女王奪還、朴康造監督体制としては初の優勝を目論んでいる。

JFAの公式ツイッターによる3日前カウントダウン動画には愛川が登場。「絶対勝つ」と力強い言葉を残した。

神村学園高等部から今季加入したばかりの19歳は、[3-5-2]の2列目や最前線で起用され、8日のYogibo WEリーグ第8節アルビレックス新潟レディース戦でリーグ戦初得点を挙げたばかり。先のEL埼玉戦でも髙瀬愛実の先制点をアシストするなど、好調を維持している。

前年の全日本高等学校女子サッカー選手権大会決勝でもゴールを挙げるなど、大舞台に強い新鋭アタッカーは皇后杯でもヒロインとなれるか。

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加