【浦和】無得点で9試合ぶり黒星 後半にはMF平野担架で運ばれ負傷交代、負傷者相次ぐ痛い敗戦

【浦和】無得点で9試合ぶり黒星 後半にはMF平野担架で運ばれ負傷交代、負傷者相次ぐ痛い敗戦

  • 日刊スポーツ(サッカー)
  • 更新日:2022/08/06
No image

浦和平野佑一(2021年10月22日撮影)

<明治安田生命J1:名古屋3-0浦和>◇第24節◇6日◇豊田ス

浦和レッズがリーグ9試合ぶりの黒星を喫した。

前半27分に先制を許すと、ロスタイムに2失点目。流れを奪いかえしきれないまま後半にもダメ押しの3点目を許した。

リーグ戦で3失点するのは5月18日横浜戦以来。無得点に終わるのは、5月28日福岡戦以来となった。

また、前半40分には7月2日G大阪戦以来のスタメン出場となったMF柴戸が途中交代し、後半24分にはMF平野が担架で運ばれて負傷交代。DF酒井、ショルツと負傷者が相次いでおり、痛い敗戦となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加