高校実習助手との交際でトラブル...女子生徒自殺 地裁が過失認め、遺族と県が和解 「再発防止を」

高校実習助手との交際でトラブル...女子生徒自殺 地裁が過失認め、遺族と県が和解 「再発防止を」

  • NBS長野放送
  • 更新日:2022/11/25
No image

長野放送

2019年、長野県の県立高校で自殺した女子生徒について遺族が学校の対応に問題があったとし県に損害賠償を求めていましたが、今年10月、和解が成立。25日に遺族が会見を開き、再発防止を求めました。

女子生徒の母親:

「今でも生きててほしいと思う。そばにいたい。抱きしめたい」

悲痛な思いを訴えるのは、自殺した当時18歳の女子高校生の母親です。

女子生徒は高校の実習助手の男性(当時20歳)との男女間のトラブルで精神的ストレスを抱え、2019年、通っていた南信地方の県立高校の敷地内で自殺しました。

実習助手の男性は一度、自殺を止めましたが、学校や両親、警察に連絡や報告をせず、女子生徒は同じ日に再び自殺を図ったということです。

両親は対応や管理に問題があったとして去年、県に対し1億3600万円の損害賠償を求め提訴。

地裁は男性の過失を認め、10月、県が6800万円を支払うことで和解しました。両親は再発防止を求めています。

女子生徒の父親:

「第二、第三(の娘)が出てこないように。安心して学校に送り出せる教育システムをつくってもらえたらうれしい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加