ロッテ痛い黒星 美馬5失点KO 打線も拙攻2併殺

ロッテ痛い黒星 美馬5失点KO 打線も拙攻2併殺

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

日本ハムの有原を攻略できずベンチで悔しさをにじませるロッテ・井口監督(手前)=ZOZOマリン(撮影・開出牧)

「ロッテ2-5日本ハム」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

2位ロッテが痛い星を落とした。

日本ハム先発・有原から初回に四球で出塁した藤原が2盗に成功し、中村奨が適時打。足を絡めた理想的な形で先制したが、二回以降は打線が機能しなかった。

六回は1死一、二塁から井上が併殺打。七回は1死一、三塁から代打角中が併殺に倒れた。八回は1死満塁の好機を作ったが、暴投による1点しか奪えなかった。

今季9勝を挙げている先発・美馬は三回までパーフェクトに抑える立ち上がり。だが五回、1死二、三塁から宇佐見に逆転2点適時打。さらに味方の失策と安打で満塁とされ、近藤に2点適時打を浴びて4点を失った。

美馬は六回もピンチを招いてKO。5回1/3を被安打7、5失点。4敗目。「いい形でゲームに入っていけましたが、ランナーを出してからのところが、うまくいかなかったです」と肩を落とした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加