松商学園が決勝進出 高遠に逃げ切り勝ち/長野

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22

<高校野球長野大会:松商学園8-6高遠>◇22日◇準決勝◇松本市野球場

春季大会を制している松商学園が初回に3点を先制した。高遠の先発登内唯翔投手(3年)を攻め、1死一、三塁から4番斎藤優也内野手(3年)の左前打で先制。さらに2死満塁として金井創内野手(2年)のショート強襲安打で2者が生還した。

松商学園は3回、5番熊谷大生内野手(3年)が準々決勝上田西戦での2発に続き2戦連発のホームランを左翼に運んで1点を追加した。

高遠は松商学園の先発渡辺創治郎投手(3年)から3回は2安打で2死一、二塁、4回は死球で2死三塁としたが無得点。

松商学園は4回にも3点を追加して4回を終わり7-0とリードを広げると、高遠は5回に2点を返して反撃をはじめる。8回には3安打と犠飛などで4点を奪い、一気に2点差に追い上げた。最後は松商学園が今井英寿投手(3年)が四球を出しながらも無失点に抑え、逃げ切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加