井上尚弥のスパーリングパートナーを務めた木村蓮太朗「想像以上に強かった」/BOX

井上尚弥のスパーリングパートナーを務めた木村蓮太朗「想像以上に強かった」/BOX

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

プロ4戦目に臨む木村蓮太朗(三迫ジム提供)

プロボクシングのフェザー級6回戦(東京・後楽園ホール)の前日計量が9日、東京都内で行われた。WBOアジア・パシフィック(AP)同級14位の木村蓮太朗(23)=駿河男児=はリミットを100グラム下回る57・0キロ、新型コロナウイルス感染により2月の全日本新人王決勝戦を棄権した福永輝(22)=沖縄ワールドリング=は56・9キロでクリアした。

木村はプロ3戦3勝(3KO)のホープ。3月末から東洋太平洋、WBOAP同級王者の清水聡(35)=大橋、前WBOAP同級王者の森武蔵(21)=薬師寺=ら強豪とスパーリングを重ねてきた。

5月にはWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28)=大橋=のスパーリングパートナーを20日間、計36ラウンド務めた。「尚弥さんは想像以上に強かった。肌ですべてを感じることができ、やりきれたことは相当な自信がついた」とコメント。

最長で8ラウンドのスパーリングを行い、計36ラウンドでダウンは1度も喫しなかった。「しっかり手数を出せたし、前に出ることもできた。自分もパンチを返せたし、当てるところは当てられた。一番うれしかったのは本気できてくれたこと」と感謝した。

19日(日本時間20日)に米ネバダ州ラスベガスで、IBF1位のマイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=の挑戦を受ける井上に「尚弥さんは日本のボクサーの憧れ。圧倒してボコボコにするぐらいの試合をしてくれると、自信になる」とエールを送った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加