【漫画】「小2娘の言葉が優しさに満ちていた」...「歯磨いた?」「音読して」声かけ連発、「やってない前提」に猛省する母に言ったのは?

【漫画】「小2娘の言葉が優しさに満ちていた」...「歯磨いた?」「音読して」声かけ連発、「やってない前提」に猛省する母に言ったのは?

  • まいどなニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

朝の支度時間、子どもについつい「服出してないの?」「歯磨きまだ?」「ランドセルの用意できてないよね?」など、あれこれ聞いてしまいませんか?

【漫画】ついつい口うるさくなってしまう母、そんなときに娘は…全編を読む

こういった声かけを娘さんにした時のエピソード漫画がTwitterに投稿されました。「小2娘の言葉が優しさに満ちていた」としてこちらを描かれたコミックエッセイ作家のこしいみほさん(@541miho)にお話を聞きました。

とある日の朝の様子。家族が身だしなみを整えたり朝ごはんを進める中、娘さんは既にシャカシャカと歯を磨いています。時間を気にするこしいさんが思わず娘さんに「もうこんな時間だ!歯磨きまだでしょ?早くやりなー!」と声かけ。すると娘さんは「さっき磨いたよ~」と返事。

これをきっかけに、日々の生活の中で、
こしいさん「公文やっちゃいなよ」 娘さん「さっきやってたじゃん~」
こしいさん「音読して~」 娘さん「さっきよむからきいてって言ったよ」
など、やっていない前提で声をかけてしまっていることが最近増えていることにあらためて気づき、「嫌だよね、ごめんね」と娘さんに謝ります。

すると、娘さんからは
「別にいいよ。ママは確かめがかりだね!」と返事が。

その「確かめ係」という表現に驚くこしいさん。そう言ってもらえると心が軽くなり、「優しいね~ありがとう」と娘さんに伝え、「確かめ係、がんばりまーす!!」と宣言!

笑顔で学校へと送り出した後、机上には忘れられた水筒が。「肝心な時ほど確かめることを忘れがち…」とクスッと笑えるオチで締められています。

こちらに「娘さん優しい」「最後の一コマがあるあるすぎる…w」「素敵な考え方…!私もついつい口出ししてしまいそうだけど、子どもがそう思ってくれるなら嬉しいな…」と、温かいコメントが寄せられました。

こしいさんにお話を伺いました。

――娘さん、とても優しいですね。

娘は、風邪をひいていたばーばに「元気になってよかったね」と言ったり、弟から「見て!消防車の絵、描いたよ!」と見せられたら「すごいね~!かっこいいね!」と言ったりと、相手がもらって嬉しい言葉を自然に言える才能があります。大人の私でも言えないな~と思うことも多くて尊敬しているのですが、今回もまた娘の一言に救われました。

――普段からどのくらいの頻度で声かけを?

登校前と帰宅後に何かひとつは「やった?」「やってね」といった声をかけている気はします。翌日の支度や宿題は流れができているので、ほぼルーティンが出来ていますが、「抜けているな、先に遊び始めちゃったな」と気になった時には声をかけています。

――小2ということですが何でも自発的に?

基本的なことは自分でできますが、うっかり抜けてしまうことは時々あります。

――すぐに娘さんの気持ちになって謝られたこしいさんにもハッとさせられました。娘さんはどんな感じで「確かめがかりだね!」と?

普段の会話と変わらないトーンで言ってくれました。なので余計に、その言葉が自然に出てきてすごいなぁと尊敬しました。

――すぐに「係」という表現が出てきたのも小学生らしくてかわいいです。

娘は学校ではいきもの係として、飼育している魚のお世話をしているそうです。

――係活動も活発にされているのでしょうね!その後、忘れた水筒は学校へお届けに?

「忘れてた~ごめんごめん~」といった感じで登校中の娘を追いかけて渡しました。

――現在も「確かめ係」は日常的に発動を?

時々、「ママは確かめ係だから~」と言ってくれますし、マンガを描いたことで私自身が娘の忘れ物がないか、より注意するようになりました。

――ツイートにたくさんの反響がありました。

私自身、自分のことを「やってないと決めつけて指示する嫌なお母さんだよな~」と思っていたのですが、好意的な反応が多かったのは、やはり娘の優しい言葉が多くの方に響いたからだと思います。たくさんの方に読んでいただけて嬉しいです。

◇     ◇

「確かめ係」という表現とネーミングがとても可愛くて、温かい気持ちになりました。学校生活で「○○係」の活動も板につく頃でしょうし、パッとひらめいた娘さんがステキです。子どもたちにあれこれ確認してしまう中で、肝心な物に対する“確かめ不足”もあるあるすぎて共感します。

こしいみほさんは、SNSやWEBで日々の育児や家事を題材にしたエッセイマンガを連載中。ハードな育児や終わりのない家事など人生のあらゆるしんどいシーンで使えて、くすっと笑えるポジティブ思考術を漫画にした『ころんでもポジティブ』(出版社:オーバーラップ)を発売中。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 真弓)

まいどなニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加