スマホのおしゃれな撮り方講座。今から食べるケーキの写真をSNSに投稿しよう

スマホのおしゃれな撮り方講座。今から食べるケーキの写真をSNSに投稿しよう

  • folk
  • 更新日:2021/05/05

ケーキのおしゃれな写真の撮り方をご紹介!

鮮やかで見た目も美しいケーキは、食べる前に写真を撮って、思い出に残しておきたいですよね。スマホで手軽に素敵なケーキの写真を撮影できたら、SNSでシェアするのも楽しくなります。そこで今回は、ケーキをスマホできれいに撮影できる、おしゃれな写真の撮り方をご紹介いたします!お家でお菓子作りを楽しんだり、おしゃれなカフェで写真撮影したりする際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ケーキのおしゃれな写真の撮り方《基本》

No image

出典:https://www.pexels.com/

まずは、ケーキの写真をスマホでおしゃれに撮影する、基本の撮り方をご紹介いたします。ケーキだけでなく食べ物全体に言えることですが、写真を撮影する時は「輝き」や「みずみずしさ」を意識すると良いでしょう。光や明るさを調整して、ケーキがよりきれいに写るよう、スマホを確認しながらレイアウトするのがコツです。基本の撮り方やコツを掴んでしまえば、誰でも簡単に雰囲気のあるおしゃれな写真を撮影することができますよ。

自然光を活用する

ケーキの写真をきれいに撮影するには、自然光を最大限に活用するのが基本の撮り方です。室内の照明・スマホのフラッシュを使用すると、人工的な印象を与えてしまいますので、ナチュラルな光でおしゃれな雰囲気を演出します。そのためケーキを撮影する時は、出来るだけ自然光がたくさん差し込む、明るい場所で撮影するのがおすすめ。カフェであれば窓際の席やテラス席、お家であれば小窓の近くなどを選ぶと、撮り方を少し工夫するだけできれいに写真が撮れますよ。

逆光・半逆光を作る

逆光は、スマホのカメラからケーキを挟んで、反対側から光が差し込んでいる状態です。半逆光とは、ケーキの後方から光が差し込んでいる状態を指します。逆光・半逆光を作り出すことで、ケーキの側面に影ができるので、写真に自然な立体感が生まれますよ。形が浮かび上がってくるようなナチュラルな陰影を意識して、ケーキの存在感をアップさせるときれいですね。ケーキの形に合わせて、光の当て方・撮り方を工夫してみてください。

レフ板で白さを際立たせる

レフ板を積極的に活用して光を取り入れるのも、きれいに写真を撮影する基本の撮り方です。レフ版を使用すると、光を反射させてケーキにたっぷりの自然光を当てることができます。被写体全体にしっかりと光が当たるので、暗くなりがちな室内の撮影には特に重宝しますよ。光が当たると、フルーツのみずみずしさや、クリームのツヤがはっきり見えます。特に生クリームを使用したケーキは、白さが際立ってよりきれいに写真が撮れますよ。

フィルターはナチュラルに使用する

アプリやスマホの機能で手軽に使用できるフィルターですが、基本的には自然光のみで撮影する撮り方がおすすめです。明るさが足りない場合に光を足したり、彩度を上げたりと、付け足し程度に使用するときれいな印象に。一方で加工感が強く出てしまうと、どこか不自然で人工的な印象の写真になってしまいます。写真に彩りや雰囲気を加えたい時は、おしゃれな小物や、デザイン紙を使用するのも素敵な撮り方ですね。

ケーキにピントを合わせる

ケーキの写真を撮る時は、主役となるケーキにはっきりとピントを合わせるのが基本です。写真で何を目立たせたいのか考えて配置するのが良いですね。また、背景や器の存在感が前に出てこないよう、中央に配置するのも簡単な撮り方です。ケーキの中央に焦点を絞って、他はぼかしてしまうのもOK。周囲に余白がある場合は、カップやカトラリーなどで隙間を埋めて、スマホの機能でぼかすのもおしゃれな写真の撮り方です。

ケーキのおしゃれな写真の撮り方のコツ《真上》

No image

出典:https://www.pexels.com/

続いて、ケーキのおしゃれな写真を、スマホで真上から撮影する時の撮り方をご紹介いたします。真上からの構図で撮影すると、平面的な印象になり、よりグラフィカルな写真になりますよ。ケーキのデコレーションが際立つので、ホールケーキやタルトの撮影にぴったりの撮り方です。おしゃれな小物や、下に敷くテーブルクロスなどを工夫して、写真の背景として活用すると良いでしょう。また、装飾がきれいなケーキ皿にこだわるのもおすすめです。

アップで撮影する

ケーキを中央に置いた構図で、真上からきれいに撮影するには、全体を写さない撮り方が良いでしょう。アップで写真を撮影するだけで、フルーツのみずみずしさや美味しさがしっかりと伝わってきますよ。ケーキの7割を写す撮り方は迫力が出るので、真上からでもこぢんまりとした印象になりません。写真撮影時はレフ版(コピー用紙でもOK)を使用して、自然光をたっぷりと取り入れるのがコツです。また、ホワイトバランスやピントを調整してから撮影すると良いですね。

ケーキを隅に寄せる

ケーキを隅に寄せて、アップで撮影する撮り方も、おしゃれに見せるコツです。この撮り方で写真を撮影する場合、余白部分は少ししか写らないので、時短でサッときれいな写真を撮りたい時にもおすすめです。お皿とケーキに目が行きやすいので、お皿は季節感のあるものや、デザイン性の高いものを選ぶと良いでしょう。ケーキをカットして、カットしたケーキと一緒に撮影する撮り方もおすすめです。お皿を並べる時は、斜めに配置するとおしゃれに見えますよ。

切って撮影する

パウンドケーキやロールケーキの写真を撮影する場合は、ケーキを切って断面を写す撮り方がおすすめです。その際は、切る前のケーキの全体の写真もスマホに残しておくと良いですね。ケーキを切ったら、組み合わせて断面をアップで撮影したり、お皿に盛りつけたりしてみましょう。ケーキの中の模様やフルーツが見えると、グッと美味しそうに見えます。お皿の周りが寂しい時は、ドライフラワーやリボンを添えるのも良いですね。

シンプルに配置する

カットケーキやスコーンなど、被写体が小さめの場合は、シンプルに配置するのもコツです。ケーキの周りにコーヒーカップやカトラリー、ポットなどを置いて、上から撮影するのもおしゃれ。同じような大きさのものを3つ並べる時は、三角形になるように配置する撮り方がおすすめですよ。この構図の写真はすっきりとした印象になり、食べるイメージを沸き立たせることもできます。小物を持っていなくても良いので、手軽にきれいな写真を撮影できます。

小物や盛り付けにこだわる

上から俯瞰して全体を撮影する時は、ケーキと一緒に小物を並べ、盛り付けにもこだわると素敵です。シンプルな構図と比べて、レイアウトや小物の準備に時間はかかりますが、彩り豊かな写真に仕上がります。取り入れやすいのはドライフラワー。撮り方にそこまでこだわらなくても、添えるだけでおしゃれな写真になります。カットケーキなどは、お皿のフルーツやソースで彩りを加えると良いでしょう。テーブル自体がおしゃれな場合はクロスを敷かず、木目やアンティークな雰囲気をそのままに写す撮り方も素敵です。

ケーキのおしゃれな写真の撮り方のコツ《斜め》

No image

出典:https://www.pexels.com/

最後に、ケーキのおしゃれな写真を、スマホで斜めから撮影する時の撮り方をご紹介いたします。斜めから撮影すると、ケーキやトッピングが立体的に写り、より美味しそうに見えます。食べ物を美味しそうに見せたい時は、斜め上から撮ることを意識すると良いでしょう。この角度は自然光が入りやすいので、スマホでも手軽におしゃれな写真を撮影できます。

ケーキは手前に配置する

斜めから撮影する場合、ケーキは手前に配置して、しっかり光を当てるようにします。ケーキに焦点を合わせ、奥に配置するコーヒーカップなどの小物類はぼかすようにすると良いでしょう。斜めからアップで撮影すると迫力が出ますし、カットされたケーキは、斜めから美しい断面を見せるように撮影するのがコツです。スクエア型のケーキの撮り方は、正面からがおすすめ。正面から水平に撮影した方が、ケーキの形がパキッときれいに写ります。

美味しそうに見える角度・撮り方を探す

ケーキの形や種類によって、美味しそうに見える角度・撮り方が異なります。基本的には斜め上からの撮り方でOKですが、フルーツが盛られているのか、ホール型なのかスクエア型なのか。複数枚撮影しながら、十分に光が入って美味しそうに見える角度を探してみるのも良いですね。ケーキの断面をしっかり見せたい時や、ボリューム感を出したい時など、場合によっては少し下の方から撮影した方が美味しく見えることもあります。

光のコントラストでメリハリをつける

ケーキに自然光を取り入れる際は、光を入れすぎないようにすることも大切です。光が当たりすぎないように少し影を作ることで、光と影のバランスを調整します。ケーキに光が当たり、周囲は少し暗めになるようにするのがおしゃれに見える撮り方。特に、屋内のカフェなどで撮影する際におすすめですよ。あまりにも全体が明るくなってしまったら、スマホ機能でコントラストを強くするなど、撮り方を調整してみてください。

背景が歪まないように撮る

斜めから撮影していると、気付かないうちに体が斜めになったり、背景が歪んで斜めに写ったりすることがあります。斜めに撮る演出の場合は別ですが、基本的に背景もしっかりと安定して見えるように撮り方を工夫すると良いでしょう。また、テーブルを斜めから撮影する際は、テーブルの端を使って三つの角が入るように写すのも安定しておしゃれに見えるコツです。角を使えない時は、テーブルを挟んで向かい側をぼかす撮り方もおすすめ。「斜めからの視点でも、背景は安定して見えるように撮る」と良いですね。

動作を取り入れる

斜めからの構図であれば、写真に動きを取り入れると、臨場感のある撮り方ができます。例えば、ケーキにフォークをスッと入れている瞬間を撮影すると、断面が盛り上がっている様子が伝わり美味しそうに見えませんか。また、お皿にフォークの先を乗せるだけでも、今まさに食べようとしている様子が伝わります。動きを入れて撮影する撮り方は、写真からストーリーが伝わってくるので、見る側の想像力を掻き立てますよ。

ケーキのおしゃれな写真の撮り方まとめ

今回は、ケーキをスマホできれいに撮影できる、おしゃれな写真の撮り方をご紹介いたしました。ほんの少し角度やテクニックを意識するだけで、美味しいスイーツを魅力たっぷりに撮ることができますね!小物やクロスも活用して、オリジナルの撮り方を研究するのも楽しいところ。スマホできれいに撮影するには、撮影時の席選びや、配置の仕方もポイントになってきます。気持ちよく撮影するために、事前に店員さんに確認を取っておくのも良いですね。

Runa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加