香川のウッドベリーと兒玉がともに19得点で雪辱...勝敗の行方は最終戦に/B2プレーオフ

香川のウッドベリーと兒玉がともに19得点で雪辱...勝敗の行方は最終戦に/B2プレーオフ

  • バスケットボールキング
  • 更新日:2022/05/15
No image

19得点で勝利に貢献した香川のウッドベリー [写真]=B.LEAGUE

5月14日、「B2 PLAYOFFS 2021-22」のセミファイナルが開催され、西地区1位の香川ファイブアローズは、東地区2位の仙台89ERSとの第2戦に臨んだ。

初戦を落としてあとのない香川はアンガス・ブラントの3ポイントとゴール下でスタート。その後、キャプテンの兒玉貴通が続いて主導権をつかみ、第1クォーターを20−14とリードした。

第2クォーターは仙台の渡辺翔太、澤邉圭太の3ポイントなどで一時同点に追いつかれたものの、香川は兒玉、ブラントのホットラインで対応。その後、一進一退の展開となり、36−32で前半を折り返した。

迎えた後半、香川は一時仙台に逆転を許すも、そこから離されずリードチェンジを繰り返す熱戦となる。その中で、テレンス・ウッドベリーのランニングプレーから谷口光貴の3ポイントなどで抜け出すと、56−48で最終クォーターへ。

仙台の粘りに苦しめられる場面があるも、ブラントの連続得点で63−53とリードを2ケタに広げる。それでも最後まで攻撃の手を緩めない仙台に苦しめられるものの、75−65で香川が勝利。セミファイナルの勝敗は第3戦に託されることになった。

逆王手をかけた香川はウッドベリーと兒玉がともに19得点をマーク。ブラントが18得点10リバウドとダブルダブルを達成。

一方の仙台は岡田泰希がチーム最多の14得点をゲット。PGの月野雅人が10得点を挙げるも、勝利へ導くことができなかった。

■試合結果
香川ファイブアローズ 75-65 仙台89ERS(@高松市香川総合体育館)
香川|20|16|20|19|=75
仙台|14|18|16|17|=65

【動画】香川のブラントがスラムを叩き込む

バスケットボールキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加