『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ついに公開!熱い感想が続々

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ついに公開!熱い感想が続々

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/10/16
No image

ついに公開! - (C) 吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

人気アニメ「鬼滅の刃」の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が16日、公開日を迎えた。劇場に足を運び、本作を鑑賞した人の感想がSNS上に多数投稿され、Twitterのトレンド入りするなど反響を呼んでいる。

「鬼滅の刃」は、「週刊少年ジャンプ」で連載された吾峠呼世晴による人気コミック。大正時代の日本を舞台に、主人公の竈門炭治郎が家族を殺した鬼を討つため、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すために、“鬼狩り”の道へと進む姿を描く。劇場版となる本作では、2019年4月より2クール(全26話)放送されたテレビアニメの最終話からつながるストーリーが展開する。

SNS上には早速、「朝から大号泣」「鳥肌たちまくり」「良すぎて震えた」と熱い感想が続々と投稿されている。また、テレビアニメシリーズから映像の美しさ、世界観にマッチした音楽、炭治郎役の花江夏樹ら声優陣の熱のこもった迫真の演技について言及されることが多かったが、劇場版も「映像美は本当に圧巻」「戦闘シーンの迫力がすごい」「音楽も素晴らしかった」「声優さんたちの演技がスゴすぎ!」と絶賛する声も。

さらに、本作の重要なキャラクターで鬼殺隊の主軸となる“柱”のひとり、煉獄杏寿郎(声:日野聡)について「煉獄さんかっこよすぎた」「煉獄さんにホレる」「煉獄さん推しになった」といったコメントが多数見受けられ、「煉獄さん」がTwitterのトレンド1位になるなど話題となっている。

多くの人が公開を待ちわびていた本作。オンラインによるチケット予約がスタートした際には、チケットを求める人が殺到し、「予約サイトにつながらない」といった声が相次いだ。そんななか、早くも鑑賞した人のなかには、「また観たい」といったコメントもあり、多くのリピーターを生むことになりそうだ。(編集部・梅山富美子)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加