オリックス ラオウ・杉本裕太郎「最高の結果になってくれて良かった」14号逆転3ラン

オリックス ラオウ・杉本裕太郎「最高の結果になってくれて良かった」14号逆転3ラン

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/08/05
No image

6回、左越えに逆転3ランを放った杉本(撮影・和田康志)

「オリックス-日本ハム」(5日、京セラドーム大阪)

オリックスが杉本裕太郎外野手の今季14号3ランで逆転に成功した。

1-2の六回無死二、三塁。ポンセの初球チェンジアップを完ぺきに捉えた。打った瞬間、確信の一発。杉本は打球の行方を見守りながら、ゆっくりと走り出した。

3連敗中のオリックス。この日も、嫌な流れが漂っていた。二回は無死満塁で無得点。三回も無死一塁から太田が犠打を失敗し、リズムを作れなかった。四回に宗が同点弾を放ったが、五回に勝ち越し点を献上。それだけに、このアーチは大きかった。

杉本は「3、4番がいい形で回してくれたチャンスの場面でしたし、何とか最低でも犠飛で走者を返そうと思っていたので、最高の結果になってくれて良かったです!この3連戦、僕のボブルヘッド(付きチケット販売)が配られているので、打てて良かったです!」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加