演歌界の新成人・青山 新が二十歳の決意「歌ももっと味わい深さをだせるように」

演歌界の新成人・青山 新が二十歳の決意「歌ももっと味わい深さをだせるように」

  • 全日本歌謡情報センター
  • 更新日:2021/01/15
No image

昨年2月に『仕方ないのさ』でデビューを果たした演歌歌手・青山 新が今年新成人となり、「成人としての自覚と責任を持ち、感謝の気持ちを忘れずに何事にも挑戦し続けられるように今後更に成長していきたいと思います! そして、大人の仲間入りをしたわけですから、歌ももっと味わい深さをだせるようになりたいです!」と20歳の決意を語った。

来月2月3日には、デビューから2作目となる新曲「霧雨の夜は更ける」のリリースも決定し、「今回の新曲は、デビュー曲の「仕方ないのさ」に続く、昭和の日活映画の主題歌を彷彿とさせるような哀愁歌謡です。前作よりも男っぽく、大人っぽい楽曲を作っていただきました。20歳になったので、曲の中にもお酒がでてくるようになり、大人になったなと感じています。歌にまっすぐに、多くのみなさんにこの曲を届けていきたいです!」と、今年の飛躍を誓っている。

No image

青山 新 ニューシングル『霧雨の夜は更ける』

No image

2021年2月3日(水)発売

CD:TECA-21007 / 1,227円+税

CD+DVD:TECA-21008 / 1,409円+税

[ 収録楽曲 ]

霧雨の夜は更ける

作詞:麻こよみ 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

がまん桜

作詞:麻こよみ 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

関連リンク

◆青山 新 オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加