最新ランキングをチェックしよう
人類史上最悪の伝染病「1918年インフルエンザ」に関する10の誤解

人類史上最悪の伝染病「1918年インフルエンザ」に関する10の誤解

  • GIGAZINE
  • 更新日:2020/03/31

1918年に流行し、当時の世界人口の4分の1に感染したといわれる「1918年インフルエンザ」、別名スペイン風邪は、2000万人から4000万人が死亡したといわれています。しかし、この伝染病には誤解も多いとして、人類史上最悪の伝染病の1つともいわれる1918年インフルエンザから学ぶための「10の誤解」が、学術系メディアのThe Conversationで公開されています。
10 misconcept

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iCONMと東京都医学総合研究所、新型コロナ向けmRNAワクチン研究を開始
「宇宙太陽光発電」や放射線の種子への影響調査などの任務を受けて軌道試験機X-37B打ち上げ
史上初、六角形の塩が誕生(ロシア研究)
iPS細胞でパーキンソン病の症状改善、米ハーバード大学医学部付属機関研究
全身麻酔で意識が失くなる理由が175年以上の時を経てついに解明(米研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加