G大阪・藤本 今季絶望...右十字靭帯断裂で全治8カ月

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

J1のG大阪は10日、元日本代表MF藤本淳吾(33)が右膝前十字靭帯断裂で全治8カ月と診断されたと発表した。藤本は今月5日に行われた明治安田生命J1リーグ第20節・甲府戦(中銀スタ)の前半39分に負傷し、同42分に交代していた。

神奈川県出身の藤本は桐光学園高、筑波大を経て2006年に清水入りし、左足の正確なキックを生かして同年のJリーグ新人王を獲得。11年から名古屋、14年から横浜と移籍を経て16年からG大阪でプレーしていた。07年から12年にかけて日本代表にも選出され、国際Aマッチ13試合に出場して1得点をマークしている。

今季はここまでJ1リーグ戦14試合に出場して1得点。負傷した甲府戦まで4試合連続スタメンとレギュラーに定着していただけに、本人はもちろんチームにとっても大きな痛手となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
団体戦は8月2日から、南東北インターハイ女子出場51校を一挙紹介!
仙台MF梁勇基も2年ぶりに北朝鮮代表へ「最大限の力を発揮してきます」
FC東京、MF中島翔哉のポルトガル1部ポルティモネンセへの期限付き移籍&入籍を発表
東京中島翔哉、ポルトガル1部へ移籍 結婚も発表
[全中]青森山田が史上初の4連覇達成!!鹿児島育英館の粘り凌ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加