阪神・岩崎「信じてくれる人たちに応えないと」チームのためファンのため...残り試合に全力投球

阪神・岩崎「信じてくれる人たちに応えないと」チームのためファンのため...残り試合に全力投球

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

チームの勝利、後押ししてくれるファンのために腕を振る――。岩崎が、レギュラーシーズン残り4戦への意気込みを言葉にした。

No image

21日の広島戦に登板し、6年連続2桁ホールドを達成した岩崎

口を開いたのは、9回に2点リードを守れず3失点で救援に失敗した20日のDeNA戦の翌21日。広島戦の試合前練習を終えると、表情を引き締めた。「昨日はああいう結果でしたが、応援してくれる人たちを喜ばせたいし、信じてくれる人たちに応えないといけない」。失意を決意で覆うように前を向いた。

実際、その日は延長10回に登板。「ピッチャー・岩崎」に一瞬、どよめきが起こったかと思えば、おなじみの登場曲「アイキャントライ」に乗ってリリーフカーが現れると場内は拍手と大歓声に包まれた。先頭の西川には右翼への大飛球を浴びたが、マクブルームらの中軸を3者凡退。疲労がピークの状況でも、1つストライクを取るごとに盛り上がる聖地から力をもらって躍動した。

今季10ホールド目で人知れず球団史にも名を刻んでいた。球団史上初となる6年連続の2桁ホールドを達成。ブルペンの屋台骨を支えてきた勲章だ。26セーブは山本和行と並ぶ球団左腕最多で、記録更新は目前。だが、数字には興味を示さず、「それは個人のことなんで。1年が終わった時に到達していれば」と素っ気ない。

だからこそ、4連敗中と苦境にあえぐチームを救いたい思いは強い。残り4試合はすべてマウンドに上がる覚悟。球界屈指の安定感を誇る救援陣を引っ張る身として意地を見せる。(遠藤 礼)

○…岩崎は守護神として今季26セーブ。これは阪神投手では82年山本和行に並ぶ左腕トップの数字だ。一方21日の広島戦では今季10ホールド目で、連続シーズン2桁ホールドを17年から6年連続に更新。こちらは阪神の投手では05~09年ウィリアムス、11~15年福原忍の5年を上回る最長記録。2桁ホールド回数も前出2人に藤川球児を加えた3人の5度を上回る最多となった。なお通算ホールドは119で、藤川163、ウィリアムス141に続くチーム3位。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加