建設作業員向けの顔認証サービスを構築 パナソニックコネクトと大林組が共同実験を実施

建設作業員向けの顔認証サービスを構築 パナソニックコネクトと大林組が共同実験を実施

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2022/05/14

大林組と、パナソニック コネクトは、共同で建設作業員への多様なサービス提供に向けた顔認証を活用した統合IDプラットフォームの構築に着手し、通勤時のシャトルバスへの乗降確認や入退場時のセキュリティチェックなどを想定した顔認証の実証実験の実施を発表した。

No image

2社は、生体認証技術の一つである顔認証を活用し、作業員がカードやデバイスを持つことなく本人であることを証明できる統合IDプラットフォームの構築に着手。

同プラットフォームに顔画像情報と本人情報をID連携することで、顔認証であらゆるサービスが利用できるようになるとしている。

今後、通勤時の専用シャトルバスの乗降確認や入退場ゲートでのセキュリティチェック、建設現場内での弁当や飲料の購入決済、現場内でレンタルする資機材や配達物の受け取りの際の本人確認など、さまざまなサービスの展開を図っていく予定とのことだ。

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加