戦国時代のID代わり!? 450年の歴史を持つ「真田紐」に隠された秘密 〈真田幸光(愛知淑徳大学教授),墨屋那津子(真田紐スペシャルアンバサダー),墨屋百香(Atelier sumiクリエイティブディレクター)〉

戦国時代のID代わり!? 450年の歴史を持つ「真田紐」に隠された秘密 〈真田幸光(愛知淑徳大学教授),墨屋那津子(真田紐スペシャルアンバサダー),墨屋百香(Atelier sumiクリエイティブディレクター)〉

  • PHPオンライン 衆知|PHP研究所
  • 更新日:2021/10/14
No image

「真田紐」という450年の歴史を持つ紐がある。戦国武将・真田幸村(信繁)とその父・昌幸が特に品質の良い真田紐を織ったことからその名が名付けられたとされ、かの茶人・千利休が箱紐に使っていたという。

国際金融論の専門家であり、愛知淑徳大学の教授や、官民問わず多くの顧問やアドバイザー業務、メディア出演などで活躍する真田幸光氏は、戦国武将・真田家の末裔(真田信之から数えて14代目)でもある。次男だった祖父の代より分家となり、現在では本家ではないが、現在も真田家とはゆかりが深い。

そんな真田幸光氏と、真田紐スペシャルアンバサダー・墨屋那津子氏、「Atelier sumi」クリエイティブディレクター・墨屋百香氏の三人によって実現した対談。そこで語られた真田紐の意外な使われ方とは?本記事では、対談の一部を紹介する。

※本記事は真田幸光オンラインサロン「経済新聞が伝えない世界情勢の深相~真田が現代の戦国絵図を読む~」内で公開された動画コンテンツより一部を抜粋・編集したものです。

「無数のパターンがある」「織るのに時間がかかる」を利用した発想

【墨屋那津子】真田紐の使い道は多様です。現在、セロハンテープやガムテープは当たり前に使われていますが、そういったものがなかった昔は、くっ付ける、結ぶというのは、ほとんど真田紐で行っていたようです。

また組紐も昔からありましたが組むものですから、どうしても真田紐と比べて伸びてしまいます。そこで、真田紐を考えた真田さんのご先祖様は、本当にすごい方法を考案されました。直角に織るのです。

時間はかかりますが、伸びることなく、荷物を運搬するなど、様々なものに重宝されました。雪の上を歩く時のかんじきにも使用されていたそうです。結ぶことはもちろん、とにかくなんでも使っていました。個人的に驚いたのがなんと暗号としても使われていたことです。ご存じでしたか?

【真田】知りませんでした。

【墨屋那津子】真田紐というのは、もちろんこういった淡色もございますが、色柄が無数に織れます。そして、色柄を織るのに非常に時間がかかるという特徴があります。この特徴をふまえて何に利用したかというと、現代でいうところのIDの代わりにしていたのです。

例えば、真田さんはこの柄、私は赤だとします。すると赤い紐がついてきたプレゼントは安心して開けられませんか。しかし、見ず知らずの紺色と赤のものが送られてきたら、むやみに開けられませんよね?

No image

【真田】開けられません。怪しいと思います。

【墨屋那津子】怪しいですよね。ですから、今で言うと伝票や印鑑の役割を担っていたのです。そういった知恵もあったのです。

【墨屋百香】武士の本家と分家を見定めるのにも使われていたようです。分家の方々には線が一本入っているとか。また、甲冑を結ぶのに用いられたというのは有名な話です。

亡くなった方が使っていた紐で、その方がどこの家の誰なのか。身元を確認するために紐が使われていたという例もありました。戦場で身元を見分けるために紐をつかうということに着目して、千利休も使用し始めたという説もあります。

また、頑丈さ故というのもあります。組紐と真田紐の利用方法の違いとして、組紐は貴族といいますか、上の位の方が使用するとても高級なものです。一方で、真田紐は明治でいうとランプを下げるための紐だったり、ズボンを吊る紐であったり、昔も今も日常の中で多くの人々が使う紐として普及していったという面があったようです。

一説によると明治天皇もおズボンを真田紐でお締めになられていたそうです(引用元:明治天皇生誕150年記念正論12月臨時増刊号明治天皇とその時代発行所産経新聞社)

【真田】なるほど。真田の家は、信州の田舎の地侍で山伏の頭領みたいなものでした。庶民の人たちと一緒になって、一生懸命に暮らしていた。そして、どうやったら生きやすくなるのかということを常に考えながら頑張っていたのが、真田昌幸という人物です。

もともと昌幸が暮らしていた生活のものを(九度山に行った後で)生活の糧にしていくということで作られていたったものだと聞いています。真田の家の者が考案したというより、庶民との繋がりの中で生まれていった実用性のあるものが真田紐であったのではないかと思います。しかし、その後、日本中でそんな使われていたというのは、初めて伺いました。

ラッピングの新しいスタイルの可能性

【墨屋那津子】すみやの特徴的な真田紐として、庶民が使っていた綿だけでなく、新しいマテリアルを開発しました。シルクの良さと綿の強さを併せ持った加賀錦というもので、約50年前に発明した新素材です。

美しくてもシルクは高価。一方で、綿だと輝きが足りないということで考案しました。せっかくですのでその素材のバッグをご紹介させていただきます。こちらは、70代の歳になる作家様が一カ月にたった一つしか作ることができない、本当に貴重なものです。

No image

「なぜそんなに時間がかかるのか?編むだけでは?」と思われる方もいらっしゃると思います。しかし、真田紐の強さをそのままバッグに反映するために、編んだ後、特殊な加工を施します。少しのミスがあると「これはダメ」ということになってしまうのです。数百年後もこれが使われるという思いを込めて作られています。

【真田】これから取り組んでいきたいことについてもご説明いただけますか。

【墨屋百香】「少数でも、本当に良いもの作る。その思いをわかっていただける方々に使っていただき、愛され続けていく」という点を、伝統工芸品として一番大事にしたいと考えています。

例えば、職業がどんどん多様化してくるのと同じように、真田紐も紐にとらわれない新しい価値を想像する、例えば建材や家具など、そんな色々な形があると思います。そうしたものを発信する力を「Atelier sumi」という新しいブランドで養っていきたいと思います。

【墨屋那津子】今、決まってきている案件についてもご説明します。例えば、木箱に紐というと結ぶということが当たり前になっています。しかし、結ぶということ自体を面倒に感じるのが現代人の感覚なのではないでしょうか。

最近、高級菓子の分野では、水引きのゴム化が行われているのはご存知でしょうか。すごく良いアイデアだと思いました。そこで、あるメーカーさんにご提案させていただいたことがあります。

例えば、お酒を入れる箱を結ぶ紐についてです。本来は上で結ぶのですが、紐の後ろを一部ゴムにしてしまうのです。お弁当箱のようなイメージでしょうか。既存の紙でできているブランドの箱にかけるだけなのでとても簡単です。

この提案は大変喜ばれました。パッケージする人の作業時間の短縮につながりますし、何より新しいと。後ろにゴムを付けるという提案はこれから伸びそうだなと感じています。ジャパンギフトラッピングの新しい形として定着化を目指していきたいです。

【真田】普通にあるものでも、しっかりとした素材、それに無形資産を付けて、有形資産として素晴らしいものにしていくという取り組み。高く評価されることだと思います。そんなお二人が、私の祖先と縁がある真田紐に、焦点を当ててくださってる、これから拡大していくことを目指されている、ということでとても嬉しく思っています。

真田幸光(愛知淑徳大学教授),墨屋那津子(真田紐スペシャルアンバサダー),墨屋百香(Atelier sumiクリエイティブディレクター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加