二宮組 接戦で日比野組破る

二宮組 接戦で日比野組破る

  • tennis365
  • 更新日:2017/09/14
No image

二宮組 接戦の末日比野組破る : 画像提供 tennis365.net

女子テニスのジャパン ウィメンズオープン(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)は14日、ダブルス準々決勝が行われ、第1シードの二宮真琴/R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組が日比野菜緒/J・ムーア(オーストラリア)組を6-3, 4-6, [11-9]のフルセットで破り、ベスト4進出を決めた。

>>ジャパンウィメンズOP 対戦表<<

この試合、二宮/ ボラチョーバ組は第1セットを先取するも、第2セットでは第10ゲームでブレークを許し、試合はスーパータイブレークへ。途中雨による中断もあったが、二宮/ ボラチョーバ組が3度目のマッチポイントをものにし、勝利した。

準決勝では、第4シードの青山修子/ ヤン・ズァオシュン(中国)と対戦する。

二宮/ ボラチョーバ組は、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で日本人として2013年の青山以来となるベスト4へ進出する活躍を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前回女王ウォズニアッキが辛勝で8強入り、コンタは初戦敗退 東レPPO
日本はシード国のイタリアとホームで対戦 [デ杯ワールドグループ2018]
伊藤竜馬 ストレート勝ちで4強
2時間超の接戦制し初4強
ストリコバが世界7位のコンタを下して準々決勝へ [東レPPO]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加