NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
犬の服を無理やり脱がせて持ち去った人、それを知り犬の服を買い、着せに来る人

犬の服を無理やり脱がせて持ち去った人、それを知り犬の服を買い、着せに来る人

  • カラパイア
  • 更新日:2021/07/22
No image

image credit: youtube

寒さや雨に震えている犬に、自らの服を着せ立ち去るやさしい人もいれば、犬が着ている服を無理やり脱がせて持ち去る人もいる。

ブラジルのサンパウロにある民家の監視カメラには、犬の服を脱がせて持ち去った男性の姿が映し出されていた。だが映像には続きがあった。

その後、別の人が犬に新しい犬用の服を着せてあげている姿も映し出されていたのだ。

【他の記事を見る】雪の降る中、寒さでうずくまっていた野良犬。その野良犬を放っておけなくて、自らの上着を与え去って行った男性(トルコ)

飼い犬の着ていた服が男に盗まれる

7月2日、ブラジル・サンパウロのソロカーバ市に住むスエリ・ヴェイラ・ドロリゲス・ピントさんの飼い犬ニーナは、着ていた服を通りがかりの男に盗まれた。

その時、飼い主のスエリさんは、掃除人として働く自宅隣の動物病院におり、コーヒーを飲んでいたという。

自宅へ戻って来た時、ニーナが服を着ていないことに気付き、「おや?」と思ったスエリさんは、家の中にいた夫に「ニーナの服を知らないか」と尋ねたが、夫は知らないと答えた。

スエリさんはくまなく服を探したが見つからなかった。そこで、自宅の前の監視カメラ映像を確認してみると、驚くべき光景が映し出されていた。

Camera flagra homem roubando roupa de cachorro

門の内側にいるニーナの前にやって来た1人の男が、ニーナの相手をし始めた。

この時、ニーナはまだ服を着ている。スエリさんによると、ニーナは3年前に路上から救助された保護犬だが、誰に対してもとても人懐っこいそうだ。

動画を見ると、ニーナは見知らぬ男にも懐いているようだ。

男は、しばらくの間ニーナを撫でたりしながら様子をうかがっていたが、二本脚で立ち上がっているニーナから服を脱がせて奪い取ると、足早にその場を立ち去っていったのだ。

事情を知った女性、こっそりとニーナに新しい服を着せにやってくる

監視カメラの映像を見たスエリさんは、腹立たしい思いを抱いた。

ニーナが着ていた服は、スエリさんがもう着なくなったもので、いわばお古だが、ニーナのために袖部分を少し短く切ってやり、着せていたという。

犬の着ていた服を持ち去った男は、いったい何のためにそのようなことをしたのか。

最初は、腹が立ちました。警察には通報していませんが、犬の服を盗むなんて理解できません。しかも女性用のブラウスですよ。

自分が着るつもりなのか、どうするのか知りませんが、もし衣類が必要なら何も犬のを盗まなくても尋ねてくれればいいのに。

もしかしたらホームレスで困っている人の為に持ち去ったのかとも思いました。だとしたら、別にそれでかまわないのですが...

スエリさんは、ニーナの服が盗まれたことを隣の獣医師に打ち明けた。

すると数時間後、スエリさんの監視カメラにはこのような映像が捉えられた。

Nina, cachorra que teve a roupa furtada ja ganhou outra.

再び、門の前でニーナは男性と子供に相手になってもらっている様子が映し出されているが、その時、1人の白衣を着た女性がやって来た。

その女性はニーナに赤い服を着せ始めた。実はこの女性こそ、スエリさんが働く獣医院の獣医師だったのだ。

スエリさんから事情を聞いた後、すぐにニーナのために犬用の服を買いに走り、こっそりとニーナに服を着せにやってきたのだ。ニーナさんに一切内緒で。

監視カメラを見たスエリさんは、その女性が獣医師であることに気付き、彼女のやさしい行為に驚き、そして感動した。

新しい服をプレゼントされるというサプライズを受けたニーナも、なんだか嬉しそうだ。獣医師女性は、しばらくニーナを撫でた後、クリニックへ戻って行った。

犬の服が盗む人もいれば、それを知り犬に服を買い与える人もいる。人生山あり谷あり。嫌なことがあっても、うれしいことだって起きるのだ。

なお、スエリさんは盗んだ男性にどんな事情があったかわからない為、警察沙汰にしなかったそうだ。

written by Scarlet / edited by parumo

・あわせて読みたい→出オチだけでは終わらない。殺人人形「チャッキー」に扮した犬の迫真の走りが腰を抜かすレベル

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加