驚愕のマリンブルー!東京「拉麺 吉法師」青いラーメン&5色のラーメン

驚愕のマリンブルー!東京「拉麺 吉法師」青いラーメン&5色のラーメン

  • トラベルジェイピー 旅行ガイド
  • 更新日:2018/08/10
No image

驚愕のマリンブルー!東京「拉麺 吉法師」青いラーメン&5色のラーメン

まるで美瑛の青い海?ナポリの青の洞窟?思わずシャッターを押したくなる「拉麺 吉法師」の青いラーメンが、有名店がひしめく東京で注目を集めています。青は食欲減退の色と言われますが、中国料理・アジアン・イタリアンと様々な店で腕を磨いてきた店主が作る拘りのラーメンは、味にうるさいラーメン好きをも虜に。美味しいだけではない、SNS映えだけでもない美&美味・・・その驚愕のラーメンをたっぷりとご紹介!

SNSで話題の「拉麺 吉法師」とは

No image

写真:吉法師

「拉麺 吉法師」は、東京スカイツリーの玄関駅「押上」から一駅の都営浅草線「本所吾妻橋」駅から徒歩1分。昼間は可愛い喫茶店風、夜はカクテルが似合うクールな外観で、お一人様女子でも気軽に入れるお店です。

No image

写真:フルリーナ YOC

中に入るとトロピカルなカウンターに、ピンクの髪もインスタ映えな店主さん。ピンクの髪と裏腹にちょっとシャイな店主さんはラーメン店はもとより中国料理・イタリアン・アジアンなどたくさんの飲食業界を渡り歩いてきた方。その豊富な経験と知識を生かし、美味しいだけではない、インスタ映えだけでもない、独創的な「吉法師」のメニューを生み出し続けています。

写真:吉法師

「拉麺 吉法師」の看板メニューと言えば、青いスープの「鶏清湯 青」。深いマリンブルーの透きとおったスープが衝撃的ですが、ひとくち口に入れると、えもいわれぬ旨み溢れる上品な味!青色は食欲減退の色と言われますが、その美味しさに概念を覆されます。

「拉麺 吉法師」基本のスープは手間暇をかけた“鶏白湯”

No image

写真:フルリーナ YOC

「拉麺 吉法師」は青いラーメンスープで有名ですが、その青いスープのもとになるのは、手間暇をかけた「鶏白湯(とりばいたん)」。大量の鶏ガラともみじ、香味野菜を約半日かけて丁寧に煮込みます。完成した鶏白湯は、鶏の身と脂の甘味が感じられる濃度の高いとろみのあるスープ。

No image

写真:フルリーナ YOC

こちらの写真は鶏白湯の旨みをしっかりと味わえる「鶏白湯 塩」。こだわりの鶏白湯に、にんにくと玉葱をバターで炒め旨みを出した特製の塩ダレを合わせたスープは、砕けた鶏骨のざらつきやドロドロとした舌触りとは無縁の上品なスープ。

No image

写真:吉法師

鶏白湯ベースのラーメンは「鶏白湯 塩」の他に、「鶏白湯 味噌」と「鶏白湯 担担麺(写真)」があります。こちらの二品は、再訪者限定のメニューとなっています。

「鶏白湯 味噌」は、鶏白湯と西京味噌を使って作るスープ。西京味噌が持つ上品な甘さを、柚子胡椒とオリーブオイルを合わせた香味油でピリリと引き締めています。添えられた酢橘をひと絞りして味の変化を楽しんでくださいね。

「鶏白湯 担担麺」は“鶏白湯 塩”をベースに、練り胡麻と甜面醤で仕上げます。辣油と黒胡椒の辛味、山椒の香りがクセになる美味しさ。

透んだ青いスープは、中国の技“掃清”が生む!

No image

写真:フルリーナ YOC

「拉麺 吉法師」の看板メニュー“鶏清湯 青”の青色がどのようにして生み出されるかはは企業秘密とされていますが、この美しい透明なスープは「鶏清湯」という中国料理の技法から生まれます。

「鶏清湯(とりちんたん)」は、一般的には鶏ガラを低温で沸騰させず灰汁をとりながら比較的短時間で仕上げます。しかし「拉麺 吉法師」では、長時間煮込んだ「鶏白湯」をベースに中国伝統の技“掃湯”を用いて作ります。「掃湯」とは、挽肉を加えて煮込むことによって挽肉からの出汁を抽出させ、灰汁を吸着させる技法。旨みが凝縮された「鶏白湯」に掃湯を施すと、さらに旨みが加わえられ、美しく透きとおった「鶏清湯」が出来上がります。

No image

写真:フルリーナ YOC

「鶏清湯」のラインナップは「鶏清湯 青」の他に「鶏清湯 葡萄」「鶏清湯 中華そば」「鶏清湯 岩下の新生姜」の4品。

こちらの写真は「鶏清湯 葡萄」。実はこのスープ、「鶏清湯 青」に高級葡萄・マスカットの汁を絞って加えただけのもの。マスカットの甘味が鶏清湯・青のスープをやわらかく変化させています。ラーメンに葡萄という驚きのマッチング・・・店主の味覚のセンスに脱帽の一品です。

「鶏清湯 中華そば」は、鶏清湯に溜り醤油と本味醂で仕上げた醤油ダレを合わせたスープ。芳醇な鶏の香りを引き立てる上品な甘さとコクが秀逸な一品です。

マジでピンクだ!「鶏清湯 岩下の新生姜」

No image

写真:フルリーナ YOC

青いラーメンで有名な「拉麺 吉法師」ですが、もう一つの人気メニューが鶏清湯と岩下の新生姜とのコラボ「鶏清湯 岩下の新生姜」。梅酢の酸味と鶏出汁の相性ってこんなによかったの?と驚きの一品。スープの色も愛らしいピンク色でインスタ映えもバッチリ!「岩下の新生姜」の社長さんもわざわざ食べにいらした事があるそうな。

No image

写真:フルリーナ YOC

「吉法師」の麺はコシのある細麺。濃厚な鶏白湯にも、キリリと深い味わいの鶏清湯にもよく合います。

No image

写真:フルリーナ YOC

ラーメンには味玉や鶏チャーシューが入っているものもありますが、追加トッピングで味玉・もやし・コーン・ほうれんそう(100円)や、鶏チャーシュー・白ネギ・殻ネギ(200円)を入れることも可能。

色鮮やかなスープを美しく彩る鶏チャーシューは、しっとりフワフワのやわらかさ。鶏特有の臭みを感じさせずに旨みが凝縮したチャーシュー、とっても美味しいんですよ!

バラエティーに富んだご飯類やおつまみも!

No image

写真:フルリーナ YOC

また、ラーメンと相性の良いご飯ものも充実。中国料理のみならずイタリアンやアジアン料理店で腕を磨いたこともある店主さんの作るご飯類は、ミニカレー・ガパオ吉法師流・海南鶏飯・チーズリゾット・鶏チャーシュー丼などバラエティーに富んでいます。

写真のミニカレーは、スパイシーな辛さの中にもフルーティーな甘みが優しい人気のミニカレー(200円)。

No image

写真:フルリーナ YOC

「拉麺 吉法師」にはビール・ワインを始め、ブランデーやカクテルも揃っているので、夜のタイムもお楽しみ。おつまみ類も、水餃子・冷奴吉法師流・ピザやっこ・ミックスナッツ・チャーシュー盛りなどが揃います。写真はプルプルもちもちの皮と、ひとくち噛むとジュワッと溢れ出る香り豊かな肉汁がたまらない水餃子。

美味しいだけじゃつまらない。フォトジェニックなだけじゃつまらない。「吉法師」のラーメンは、いろんな枠を飛び越えて、驚きとワクワクに満ちています。

青(鶏清湯 青)、緑(鶏清湯 葡萄)、ピンク(鶏清湯 岩下の新生姜)、黒(鶏清湯 中華そば)、白(鶏白湯 塩)、茶(鶏白湯 担担麺)と揃う「吉法師」のラーメン。クリスマスやハロウィン、バレンタインなどのシーズンには限定メニューも登場します。どんな過激なアイディア&インスタ映えメニューが登場するかお楽しみに!
(2018年8月現在、夏日限定の冷やし中華が登場しています。)

拉麺 吉法師の基本情報

住所:東京都墨田区吾妻橋3-1-17 吾妻橋ハイム 101
電話:03-6658-8802
アクセス:都営地下鉄浅草線「本所吾妻橋駅」徒歩1分。東武伊勢崎線「とうきょうスカイツリー駅」徒歩7分。東京メトロ銀座線「浅草駅」徒歩10分
営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
定休日:水曜日

2018年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

関連MEMO

「吉法師」インスタグラム

「吉法師」Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
俺のシリーズ初! ステーキがリーズナブルに味わえる「俺のGrill」誕生
富士山麓でラグジュアリーな休日を!焚火、ハンモック、ジェットバス完備の「藤乃煌 富士御殿場」が静岡県・御殿場に
実食しておススメできる焼鳥の名店10店
生ハンバーグって知ってる? 日本初、新感覚の専門店が横浜にオープン
神奈川県のみなとみらい・中華街で見つけた家族で集まりたいアットホームなレストラン3選!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加