西武、駅ロッカーで百貨店の商品受け取り 実証実験スタート

西武、駅ロッカーで百貨店の商品受け取り 実証実験スタート

  • Traicy
  • 更新日:2021/01/14
No image

西武ホールディングスは、そごう・西武らとの協業で、オンラインで注文した西武池袋本店のスイーツ等の商品を、西武鉄道の駅構内のコインロッカーで受け取れる駅配サービス「BOPISTA(ボピスタ)」の実証実験を2月8日から開始する。

西武池袋線の池袋、富士見台、所沢の3駅にスマートコインロッカーを設置。利用者は専用ウェブサイトから西武池袋本店の商品を購入し、駅のロッカーで好きな時間帯に購入商品を受け取れる。新しい生活様式が求められる中、密を避けた非対面の商品購入・受け取りを可能にするほか、再配達による労働力のロスやCO2の排出増加などの社会課題解決を目指す。

取り扱い商品は常温保存できる菓子類やギフトなど。商品詳細は1月下旬頃に発表する。商品代金に加え、100円〜500円のサービス利用料が必要。平日は24時間注文可能で、最短で注文の3時間後から受け取れる。

佐藤 正晃(編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加