身長差が痛々しい?”月9”山田涼介「カインとアベル」大惨敗の要因

身長差が痛々しい?”月9”山田涼介「カインとアベル」大惨敗の要因

  • デイリーニュースオンライン
  • 更新日:2016/10/20
No image

カインとアベル | オフィシャルページ - フジテレビより

10月17日に放送された月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)の初回放送が、平均視聴率8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。同枠の初回最低視聴率を更新した他、視聴者から多くの批判が噴出するなど前途多難な船出となった。

■山田の低身長、ミスキャスト「CMの方が面白い」

放送終了直後から「最低視聴率更新するかも」と騒がれていた『カインとアベル』。視聴者の予想どおり、翌日朝に発表された視聴率は8.8%を記録。2015年7月に放送された『恋仲』(フジテレビ系)の9.8%を下回る数字を叩き出した。

15分拡大の初回放送では、ストーリーの序章が明らかに。主人公の高田優(Hey! Say! JUMP・山田涼介・23)は、矢作梓(倉科カナ・28)らとともにアウトレットモール開発のプロジェクトチームのメンバー入り。一方で優は、兄であり副社長の隆一(桐谷健太・36)、父親であり社長の貴行(高嶋政伸・49)に対して愛憎入り混じる感情の断片を見せていく。

ネット掲示板やSNSでまず話題になったのが、山田と桐谷の身長差だ。桐谷は181cm、山田は164cmと17cmの差がある。食卓で横並びになると、まるで中学生と大人のような身長差で痛々しく、年齢以上の差を感じさせた。またプロジェクトチームのメンバーが全員集合している際は、メインキャストであるにもかかわらず、山田は倉科とともに後方へ。

「遠近感を利用して、山田が少しでも小さく見えないように工夫していた模様。他にも、山田が171cmの同僚(山崎紘菜・22)に『デカ女』と悪態をついているが、山田の身長が低すぎるだけ。山田の低身長が演出に制限を与えている。父親役の高嶋も180cmと高身長ですから、山田と桐谷は異母兄弟、あるいは異父兄弟だ……なんて見え透いた展開が待っているかもしれない」(報道関係者)

山田のみならず倉科や桐谷、“いい上司”を演じる木下ほうか(52)にも「ミスキャストだ」という声が飛んでいる。

「『カインとアベル』のキャストは役者と役柄のイメージがどことなく不釣り合いで、新垣結衣(28)と星野源(35)のペアを起用した『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)や織田裕二(48)、土屋太鳳(21)、ディーン・フジオカ(36)擁する『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系)、石原さとみ(29)と菅田将暉(23)が出演する『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)に比べて地味。倉科に関しては、視聴者の間で、業界の女優たちに月9オファーを断られまくったという報道が『本当だった』と確信に変わっている」(前出・関係者)

他局のドラマが話題なだけに、『カインとアベル』は“ボロ”が余計目立つ。

「脚本のみならず、演出や役者陣の演技にも問題がある。桐谷や山田のセリフが早口だったりこもったりして聞き取りづらく、一部の視聴者がストーリーについていけなかった。山田の営業社員という役どころも不自然。上司には『オレ』と言うシーンがあり、童顔・低身長であるがゆえにスーツに“着られている”感じが強い。監督の指示だと言われる茶髪も違和感を増長している」(前同)

放送も後半に入ると、「CMの方が面白い」などと笑えない意見まで飛び交う始末。今後の各最低記録の更新を予感させる初回となった。

批判が多数見受けられる中、好意的な意見もあった。特に山田は「演技が上手い」「かわいい」と好評だったが……。

「山田のファンが喜ぶだけの“PVドラマ”。近年のフジとジャニーズ事務所の関係、フジの制作現場の迷走ぶりが如実に反映されている」(前出・報道関係者)

ドラマのPRも裏目になった。めざましテレビ(フジテレビ系)などでは放送前、「ラスト10分が衝撃」などとアピールしたものの、いざフタを開ければ、メディアを通じてPRしていた倉科と桐谷の恋人関係が放送されただけ。一部視聴者からも「ずっと観てたけど(何が衝撃なのか)分からなかった」と厳しい非難が飛んだ。

「また“禁断の三角関係”を謳っているが、黙殺された未成年妊娠疑惑やナゾのCM打ち切りのほうがはるかに禁断。現実のスキャンダルのほうが衝撃的で、ドラマのチープ感が否めない」(前同)

2017年公開の映画『鋼の錬金術師』にも出演予定の山田。今のところ『カインとアベル』の大爆死は必至で、月9枠からのスポンサー撤退説が根強いTOYOTAの足を引き止めるどころか、不安を加速させるばかり。錬金術を駆使してもダメかも?

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)

※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
榮倉奈々『タラレバ娘』で結婚後初ドラマ 「一生懸命、演じたい」
大谷翔平を巡ってスポーツ番組で露骨に争う加藤綾子と宮澤智アナ
『逃げ恥』でガッキーが「無職」の妄想 背筋凍る人が続出する悲劇
吉高由里子主演「東京タラレバ娘」親友役は榮倉奈々&大島優子!
放送禁止レベルの不仲!サバンナ高橋のせいで「スマスマ」最終回が絶望的に?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加