日本ハム・斎藤佑樹 故障後初の打撃投手 復帰へ手応え「前進している」

日本ハム・斎藤佑樹 故障後初の打撃投手 復帰へ手応え「前進している」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/09
No image

気迫のこもった表情で打撃練習に登板する日本ハム・斎藤佑

昨年10月に右肘靱帯(じんたい)を断裂し再起を期す日本ハムの斎藤佑樹投手(32)が8日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで故障後初めて打撃投手を務めた。

対戦したのはドラフト4位・細川(智弁和歌山)、田宮、万波の3人。最速135キロの直球に、スライダーやフォークなど変化球を交えて29球を投じ、空振り三振を1つ奪うなど計7打席で安打性の当たりは2本だった。昨年10月以来の実戦形式の登板となった右腕は「打者と勝負できる兆しがでてきたし、前進している」と復帰への手応えをつかんだ。

今後も打者相手の投球で調整し、試合勘を取り戻しながら実戦を目指す予定。だが、あくまで「ゴールは1軍の試合で結果を出すこと」と、一喜一憂せず、一歩ずつ階段を上っていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加