<来週のおちょやん>(第1週「うちは、かわいそやない」) 大正5年、9歳の千代は極貧生活を送っていた。大酒のみの父親は、家事も養鶏場の仕事も全部、千代に任せっきりだ

<来週のおちょやん>(第1週「うちは、かわいそやない」) 大正5年、9歳の千代は極貧生活を送っていた。大酒のみの父親は、家事も養鶏場の仕事も全部、千代に任せっきりだ

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/11/27

11月30日(2020年)から始まる「おちょやん」は昭和の名女優・浪花千栄子をモデルにしたオリジナルストーリーだ。「おちょやん」とは大阪の古い言葉で、「料亭や茶屋などで働く小さい女中さん」という意味がある。1916(大正5)年。9歳の竹井千代(毎田暖乃)は、大阪・南河内の貧しい家で父・テルヲ(トータス松本)と弟のヨシヲ(荒田陽向)の3人で暮らしていた。母は父・テルヲは酒を飲んでばかりで、養鶏場の仕

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加