長さ50センチ超え 風味と粘りが特徴 お歳暮用の自然薯の収穫始まる【岡山・津山市】

長さ50センチ超え 風味と粘りが特徴 お歳暮用の自然薯の収穫始まる【岡山・津山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2022/11/25
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

お歳暮用の自然薯の収穫が津山市で始まりました。

自然薯の収穫が始まったのは、津山市下高倉西の畑です。この地区で栽培される自然薯は、風味と粘りが良く贈り物として人気があります。

畑では、長さが50センチを超える形の良い自然薯が育っていて、農家の人たちが次々と収穫していました。

(津山自然薯生産組合 下山昌一組合長)

「天候に恵まれて良いものができている。ご飯にとろろ汁で食べるのが一番おいしい。うどんにかけても、そばにかけても良い」

収穫は、12月下旬まで行われ、12月1日からは、お歳暮用として各地に出荷されるほか、地元にある出荷場で直接販売されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加