【広島】ドラ3中村健人、G岡本和真の“研究者”だった...慶大時代の卒論のテーマ

【広島】ドラ3中村健人、G岡本和真の“研究者”だった...慶大時代の卒論のテーマ

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/01/15
No image

広島のドラフト3位・中村健人外野手(24)=トヨタ自動車=が14日、巨人・岡本和真の“研究者”だったと明かした。慶大の卒論テーマは「プロと大学生の違い、大学生からプロに行く子、行けなかった子の違い」。慶大グラウンドで自主トレを行った巨人・岡本和を取り上げた。

慶大の同級生で大学からプロ入りした中日・郡司、ソフトバンク・柳町、自身と比較。スイング軌道を計測・数値化して違いを示した。発見したのは岡本和はボールの下側、打球が飛びやすい位置にバットが入る。その角度も常にほぼ同じで誤差が少なかった。「技術アップにつながった」とプロ入りにつなげた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加