工藤静香 ペットを飼う人へ「どんな姿になっても責任と愛情を」...愛犬の旅立ち明かす

工藤静香 ペットを飼う人へ「どんな姿になっても責任と愛情を」...愛犬の旅立ち明かす

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/03
No image

工藤静香

歌手・工藤静香が3日、インスタグラムを更新。愛犬「ハニーちゃん」が旅立ったことを明かすとともに、ペットが「どんな姿になっても責任を持って」最後まで愛情を注いでほしいとの思いをつづった。

オーストラリアン・ラブラドゥードル、オールド・イングリッシュ・シープドッグなど5頭の犬をパートナーとして飼っていた木村拓哉&工藤ファミリー。工藤は3日のインスタで「チームおじいちゃん達と」と記し、愛犬をバギー(乳母車)に乗せるなどして散歩した写真をアップ。

「怖い顔で眠っていて笑わせてくれた14歳のハニーちゃんが天国に逝ってからしばらく経ちます。家族に抱かれながら、撫でられながら大切に大切に愛されたまま天国に逝きました。1番良いお見送りができました」とフレンチブルドッグの「ハニーちゃん」が14歳で旅立ったことを伝え、「この子達にも少しでも長生きして欲しい。そして腕の中で見送りたい」と愛犬への思いをつづった。

そして「これからペット(パートナー)を迎え入れようと考えている皆さまも、この先、色々大変な事もあると思います。どんな姿になっても責任を持って、是非最後まで愛情を注がれて下さい」とペットを飼うということへの責任に触れ、「天国に逝ったペットが、このパパとママ、この家族と一緒過ごせて幸せだった!と思ってもらえるようにしたいですね」と結んでいる。

工藤は3月末のインスタで、「ハニーちゃん」の寝顔動画を投稿していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加