【医師に聞いた!】日焼け予防、日焼け後、本当に必要なスキンケアはコレ!

【医師に聞いた!】日焼け予防、日焼け後、本当に必要なスキンケアはコレ!

  • kokode Beauty
  • 更新日:2022/08/06

そろそろ夏休みで本格的に夏を楽しむ時期。山や海など楽しい時間が待っているけれど、怠ってはいけないのが紫外線対策。日焼け止めを塗っているから大丈夫と思っているなら要注意! 40代からはシミやしわを増やさないためにも、日焼け前も日焼け後も+αのケアが必要です。医師 斎藤糧三先生に教わる基本のキを押さえて、お肌を守り抜こう!

教わったのは…

No image

斎藤糧三先生
医師/日本機能性医学研究所所⻑
1998年日本医科大学卒業後、産婦人科医に。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。2008年「機能性医学」の普及と研究を推進するため「日本機能性医学研究所」を設立。著作に 『サーファーに花粉症はいない』(小学館)、『慢性病を根本から治す『機能性医学』の考え方』(光文社新書)など。スーパーフートドとしての牧草牛の普及を目指した日本初の牧草牛専門精肉店「Saito Farm」も好評!

まずは日焼けの原理をおさらい

「日焼けの原理とは、紫外線が皮膚に当たって、皮膚で活性酸素が発生。それが原因で細胞が死ぬというプロセスで炎症が起こります。赤くなるのは細胞のダメージを修復する物質を運ぶために、血管の働きが盛んになるためです。

その赤くなった状態を「サンバーン(sunburn)」といい、まさしく紫外線によって燃えている状態。細胞が著しいダメージを受け、火傷状態になっています」

日ごろから行ってほしい「日焼け予防ケア」は?

No image

|Care1|
日焼け止めを塗る

「紫外線を皮膚に届かせないことがまず重要です。ただし、日焼け止めで紫外線をシャットアウトすると、骨を丈夫に保つために必要なビタミンDを合成できなくなるので、食事やサプリメントからビタミンDを摂取することも忘れないでください!

ちなみに、日焼け止めはSPF30程度でビタミンD生合成の約95%が阻害されるとも言われていますので、日焼け止めを塗るならビタミンDの摂取が必要と覚えておくといいですね」

kokode Beauty編集部オススメ

No image
No image

<1枚目>
1カプセルあたり25μg(1000IU)程度を摂取できる高単位のビタミンDサプリメント。最近は免疫力アップをサポートする成分としても注目が集まる。斎藤先生によると、日焼け前から同ブランドのマルチビタミン「newBasic 10,800円(税込)」()と共に摂取するのがオススメだとか!
[日本機能性医学研究所]VD1000 5,400円(税込)

<2枚目>
ソーラーD 独自の UVB フィルタリング技術により、SPF50+、PA++++ で肌をしっかりと保護しながら、体がビタミン D を作るために必要な UVB の一部を通過させることを可能に。ウォータープルーフなので、海や川にも◎
[Solar D]ソーラーD サンスクリーン 2,750円〜(税込)

|Care2|
食べ物から栄養素を摂る

「紫外線による活性酸素の発生を防いだり、紫外線が細胞の核にダメージを与えないようにする(抗酸化力の高い)成分を積極的に摂ってください。例えば、
・カルテノイド
・アスタキサンチン
がオススメです。日光アレルギーの方はこれらを摂取することで症状が軽減することもあります。

カルテノイドは緑黄色野菜やマンゴー、スイカ、柑橘類、とうもろこし海藻類などに、アスタキサンチンは鮭やサクラエビ、カニなどに含まれています。ですが、アスタキサンチンは赤い部分に詰まっているので、カニは甲羅を食べなくてはならないので現実的ではないんです。

また、カルテノイドやアスタキサンチンは、吸収されにくいので、油と一緒に食べること。そして、栄養素を運ぶときにタンパク質が必要になるため、タンパク質と一緒に食べることが重要です」

日焼けしちゃった!そんな日のケアは?

No image

|Care1|
冷やす

「とにかく冷やすことが大事です。アイシングは日焼けによる炎症のシグナルを止めることができるので、それだけで紫外線ダメージの大半を抑えられます。

アイシングは氷をビニール袋に入れて肌に当てるだけでOK。冷たさで痛いくらいであれば、凍傷にはなりませんので、とことん冷やしてください」

|Care2|
水素を取り入れて、活性酸素を除去

「肌がヒリヒリするのは、日焼け後の肌の炎症が原因。だから、炎症抑制作用がある水素を取り入れることでヒリヒリ感が落ち着きます。また、水素は、ビタミンCなどが届かない細胞の中まで届くのが特徴で、様々な老化や疲労を引き起こす活性酸素のひとつ、ヒドロキシラジカルの除去にも活躍してくれます。なので、日焼けした後だけでなく、日焼けする前も摂取するのがオススメ。大体日焼けの前後数日間、摂ってみてください」

kokode Beauty編集部オススメ

No image
No image

<1枚目>
2人の水素スペシャリストが共同開発。1カプセルで飽和水素水1リットル圧倒的水素発生量
を誇る! 体内で水素ガスを発生させるので、効率よく水素を摂取できる。
[日本機能性医学研究所]水の素 12,960円(税込)

<2枚目>
美肌と睡眠をサポートし、疲労やストレス、便秘を解消するなど、広い効果が実感できる水素。水素がたっぷり効率的に摂れ、美容効果が高く、持ち運びも便利な赤い箱の『高濃度水素ゼリー』に脂肪燃焼効果が期待できる新バージョン。
[Shinryo Healthcare]高濃度水素ゼリーアスリート 5,520円〜(税込)

|Care3|
肌トーンを明るく、輝く肌へビタミンCで導く!

「紫外線を浴びるとメラノサイトが黒色メラニンを生成して肌が黒くなります。ではなぜビタミンCを摂ると良いかというと、その黒色メラニンを還元して脱色する効果があるから。紫外線による活性酸素の除去は、水素が得意ですが、いったん出来てしまった酸化メラニンなどに対する還元力はビタミンCが圧倒的! 肌が日焼けして黒くなったときにいいですね。水素もビタミンCの摂取は日焼け直後から摂取を!日焼け後ケアは当日が超重要です!」

kokode Beauty編集部オススメ

No image

吸収率にこだわった液状のビタミンCサプリメント。日本製の高品質なリポソーム化されたビタミンCで、医療現場でも使用できる基準を厳しく設定。美容家や美容ライターなどが肌くすみや毛穴ケアなどで取り入れている大注目アイテム。
[Lypo-C]リポ・カプセル ビタミンC 30包入 7,776円(税込)(スピック tel.0467-24-1045)

|Care4|
保湿成分のヒアルロン酸、セラミドで肌を潤す!
「日焼け後に皮が剥けるのは、皮膚が極度のダメージを受けているか、死んだ状態。新しい皮膚を作らなくてはいけない状況なのです。だから、保湿成分のヒアルロン酸やセラミドがしっかり入ったもので肌を潤すことが重要。また食べ物やサプリメントからタンパク質、亜鉛を摂って、肌の再生をサポートすることも推奨しています」

kokode Beauty編集部オススメ

No image
No image

<1枚目>
ローションの常識を超えたセラミド濃度、理想的なヒアルロン酸の配合率でつくられたローション。本当のしっとり感を1日中持続できる!
[日本機能性医学研究所]DRSローション  6,600円〜(税込)

<2枚目>
失いやすく、自らの力では補うことができない人間にとって大切な必須ミネラル「亜鉛」を筆頭に、自ら作り出しにくい栄養素を厳選し、凝縮。1日3粒で髪・肌・爪など全身へ届く。
[NERAIDA]トータルワンプログラム 12,960円(税込)

kokode beauty 編集部

光文社が展開する雑誌のビューティー記事を中心にここでしか見れないトレンドネタやワンポイントアドバイスを配信。

kokode beauty 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加