徳島岸本V弾でJ1初3連勝!今季開幕8戦目で早くも7年前の勝利数に並ぶ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07

<明治安田生命J1:徳島1-0仙台>◇第8節◇7日◇鳴門大塚

徳島ヴォルティスがJ1初の3連勝を成し遂げた。

前半24分、CKの流れから、何度も好機に顔を出していたMF岸本が先制弾。「2回外したが、いい形で入って良かった」と安堵(あんど)。ホームでこの1点を守って勝ちきった。コロナ禍の入国制限などで、スペイン人のポヤトス監督は3月30日にようやく来日したが、待機期間中でまだ合流できていない。それでも、代役としてチームを率いる甲本ヘッドコーチの下で、強さを発揮。14年のJ1初挑戦時は年間3勝でアッサリ降格したが、今季は開幕8戦目で早くも7年前の勝利数に並んでみせた。“春の珍事”で片付けては失礼なほどの充実ぶり。このままの勢いで、新指揮官の合流を待ちたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加