トヨタ ロシア・サンクトペテルブルクの工場閉鎖へ

トヨタ ロシア・サンクトペテルブルクの工場閉鎖へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/24
No image

動画を見る(元記事へ)

トヨタ自動車はロシア北西部サンクトペテルブルクの工場を閉鎖すると発表しました。

トヨタ自動車によりますと、工場の従業員には最大限の支援をするとしています。

また、モスクワの拠点は規模を縮小したうえで再編成するということです。

トヨタはロシアのウクライナ侵攻後の3月、部品の調達が難しいとしてサンクトペテルブルクの工場での生産を停止していました。

この工場は2007年に生産を開始し、当時、プーチン大統領も工場を視察していました。

去年はおよそ8万台を生産したということです。

トヨタは「現在の状況が続けばともに良いクルマづくりを目指してきたロシアの従業員に対して十分な支援ができなくなることから、ロシアでの生産活動を終了すること以外に選択肢がないと判断しました」とコメントしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加