ラブラブでも...男性が「結婚はないな」と思う彼女の特徴

ラブラブでも...男性が「結婚はないな」と思う彼女の特徴

  • Grapps
  • 更新日:2022/06/23
No image

男性にとって、恋愛と結婚には違いがあります。どんなにラブラブでも、「彼女」と「結婚相手」は別物と考えているところがあります。二人の関係はラブラブなのに、男性が「結婚はないな〜」と思う彼女にはどんな特徴があるのでしょうか?心当たりがないように、確認しておきましょう。

1. お金の使い方が派手

結婚は共同生活とも言えますよね。二人で家計をやりくりしていかなければならないからです。そのため、計画性もなくお金を使うような彼女では、「この人と結婚して大丈夫かどうか…」と不安になってしまうのです。

ブランドものが好きで次々買い揃えたり、今が楽しければいい!とお金を使いすぎるのは注意が必要かもしれません。そんな彼女に男性は何も言わないかもしれませんが、結婚相手としては別に見ていることもあります。

今の生活を充実させることは、もちろん大事なことですが、彼との結婚を考えているなら、多少は堅実で質素な一面も見せておきましょう。

2. マナーや常識がない

自分の大切にしている彼女であれば、自分の親に紹介したいと男性は考えます。しかしどんなに好きな相手でも、非常識な面が見える場合は、親に会わせるのはやめておこうと考えることもあります。

例えば、敬語を使えなかったり、一般的マナーの感覚がズレていたり。「抜けてて可愛いし、そんな個性的な部分が好きだ」と男性が思っている彼女だとしても、結婚相手としては見れないこともあります。

結婚は2人だけの問題ではなく、お互いの家族との関わりが生じるものです。社会人としてのマナーや常識は最低限身に付けておく必要があります。

3. ヒステリーを起こしやすい

男性は、女性が感情的な態度になるのを嫌がる人が多いです。ヒステリーを起こしやすい女性との結婚は考えられないという男性もいて、それくらい、男性にとって女性の機嫌が良くないことは、恐怖であり嫌なことなのです。

男性は、いつもニコニコしている穏やかな女性を好む傾向があります。と言っても、女性もいつも笑っていることなんてできませんよね。生理前などイライラすることだって日常的にあるでしょう。ただ、そんなときでも誰かに当たったりせず、冷静な対応を心がけると、ヒステリーには見られなくなります。

4. 家事がまったくできない

先述したように、結婚とは二人の共同生活になります。そのため家事がまったくできない女性だと、男性は結婚相手として見れなくなることがあります。自分にかかる家事の負担を考えてしまうからです。

今は共働き夫婦が多いですよね。仕事も二人でやる分、家事も二人で協力する必要があります。家事は、苦手であってもコツを掴めばできるようになります。彼との結婚を考えている場合は、少し頑張ってみる努力も大事かもしれません。

彼から見ると結婚相手に向いてないのかも…と感じても、諦めるのは早いです。彼氏のことが好きで、結婚したい気持ちがあるなら、自分を変えていくことはできるはずです。特に今回紹介した項目は、すぐにでも始められることばかりです。今月は少し支出を抑えてみたり、外食を控えて自炊してみたり。できるところから始めてみてくださいね!

Grapps編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加