勝点マイナス12で来季スタート...シェフィールド・ウェンズデイに降格チームは怒

勝点マイナス12で来季スタート...シェフィールド・ウェンズデイに降格チームは怒

  • Qoly
  • 更新日:2020/08/01
No image

新型コロナウイルスの影響で前代未聞の中断を経験したサッカー界。イングランド2部リーグはレギュラーシーズンを終え、残すは昇格プレーオフ決勝のみとなった。

名門シェフィールド・ウェンズデイは16位で残留したが、来季大きなハンデを負うことになるようだ。

1867年創設のシェフィールドでは、あの悪童パオロ・ディカーニオもプレーした経験があり、こんな無慈悲ゴールを決めたこともある(以下動画50秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

これはエゲつない…。

【関連記事】プレミアリーグ、降格を味わいすぎた7名の男たち

『Sky Sports』によれば、イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)がシェフィールド・ウェンズデイから勝点12を剥奪することを決めたという。

その理由は、ヒルズボロ・スタジアムの売却益を巡る収支報告がリーグのルールに違反していたというもの。この勝点剥奪は今季ではなく、来季2020-21シーズンに適応される。

シェフィールドはこの決定に非常に失望しているとしたうえで、今後の法的措置も示唆した。

また、シェフィールドの勝点剥奪が今季に適応されていれば、3部降格が回避できていたチャールトンも法的措置を検討している。

「我がクラブは法的措置を検討している。なぜこの勝点剥奪が今季ではなく来季になるのか理解できない。非合理的であり、EFLに正当性の説明を求める書簡を送る」などと不満を露わにしているが…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加