5月並みのポカポカ陽気 宮崎と大分は「夏日」手前

5月並みのポカポカ陽気 宮崎と大分は「夏日」手前

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/02/22
No image

動画を見る(元記事へ)

最高気温が21.9度と日中は5月上旬並みとなった東京。日差しが心地良い公園で上着を脱いで散歩する人も…。

江戸川区の公園では、暖かい陽気で「河津桜」が一斉に花開いています。青空を背景に爽やかな桜が良く映えます。スカイツリーとも一緒に撮影できるため人気の撮影スポットでもあるそうです。

思いがけない気温の上昇に街を歩く人の服装も様々…。Tシャツに半ズボン姿の一方、ダウンに身を包んだままだったり、たまらず上着を脱いで腕に掛ける人も多く見られました。

南から暖かい空気が流れ込み、午前中から関東や西日本など各地で気温が上がりました。

宮崎と大分で「夏日」の一歩手前となったほか、九州では長崎県や佐賀県、鹿児島県で2月の観測史上、最高気温に。

静岡でも早咲きの桜が、すでにいっぱい咲いています。

埼玉県中部にある越生梅林。「関東三大梅林」に数えられ、約1000本の梅の木が植えられています。

現在、梅はまだ三分咲きで3月上旬に見頃を迎えるそうです。

火を使う団子店は想定外の暑さに参った様子。

土産店も、やはり梅を使った商品がずらりと並び、中でも大人気なのが…。

越生特産物加工研究所営業部・山口孝課長:「越生で30年以上ロングセラーの『元気百梅』という梅ジュースです」

一方、鳥取県では外にいるとすぐに喉が渇いてしまいそうな状況です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加