サンド伊達 「子どもの頃からずっとXLでやらせてもらってる」が娘の懇願でプチ減量

サンド伊達 「子どもの頃からずっとXLでやらせてもらってる」が娘の懇願でプチ減量

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/11/25
No image

サンドウィッチマン・伊達みきお

お笑いコンビのサンドウィッチマンが25日、フジテレビ系「ポップUP!」に生出演。伊達みきおが子どもの頃からずっとXLサイズだと開き直りながらも、娘の懇願でプチダイエット中だと明かした。

伊達みきおは10歳の長女、富澤たけしは7歳と11歳の2男を持つ。番組では、子煩悩な2人だが伊達は娘からやせるよう言われ、富澤は息子たちから足が臭いと言われていると紹介した。

帰宅すると置き手紙があったという伊達は「どんなメッセージなんだろうなあと思って見たら、何でパパはそんなお腹が出てるの?いい加減に痩せて。80キロ目指して、できれば78キロとか書いてました。『やせて』っていろんな所に書いてあって。いろいろ」『やせて』『やせて』『やせて』ってカタカナとかひらがなとかで」と説明し、スタジオは爆笑。

伊達は「僕は生まれつき太ってるんでね。一回もMサイズっていう服を着たことないから。子どもの頃からずっとXLでやらせてもらってる。だから僕は太ってないんですよ」と言い張ったが、山崎夕貴アナウンサーに「そこまで言われたら頑張ってやせようとかってならないんですか」と聞かれると「やせてますよ、一生懸命」と主張。ダイエット法を聞かれると「気をつけてる、あんまり食べないように」と説得力なく答え、再び笑いに包まれた。

それでも「96・5ぐらいあったのが93までいった」といい、隣の同体型の佐野瑞樹アナウンサーに体重を質問。佐野アナが「88ぐらいかな。90いったことある。93ぐらいまで」と答えると、「100っていかないもんですよね」と応じ、口々に「100は」と話しながら「才能ですよ」と突然ハモりながら力説し、「いいんですよ、そんな話」と平成ノブシコブシの吉村崇にいなされていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加