貴景勝、大関の意地見せ3敗死守 豊昇龍を押し出し優勝戦線に踏みとどまる「集中していた」

貴景勝、大関の意地見せ3敗死守 豊昇龍を押し出し優勝戦線に踏みとどまる「集中していた」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25
No image

◆大相撲 ▽九州場所13日目(25日・福岡国際センター)

大関・貴景勝(常盤山)が意地を見せた。関脇・豊昇龍(立浪)を相手に立ち合いから得意の突き押しで攻め続けて押し出し。3敗を守るとともに、2敗だった豊昇龍を引きずり下ろした。「覚えていないですけど、集中してやりました。自分を信じてやろうと思いました」と振り返った。

14日目は3敗で並ぶ埼玉栄高の後輩、王鵬(大嶽)の挑戦を受けるが「しっかり準備して、明日も一生懸命集中してやります」と冷静さを崩さなかった。

ここまで優勝争いに残っている状況に、伊勢ケ浜審判部長(元横綱・旭富士)は「責任は果たしているんじゃないですか。とりあえず優勝争いをしているわけだから」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加