南米エクアドル地震の死者15人 ペルーでも1人死亡

南米エクアドル地震の死者15人 ペルーでも1人死亡

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/03/19
No image

動画を見る(元記事へ)

南米エクアドルでマグニチュード6.8の地震があり、建物が倒壊するなどして、これまでに隣国のペルーと合わせて16人が死亡しました。

USGS(アメリカ地質調査所)によりますと、日本時間の19日午前2時すぎ、エクアドル南部を震源とする大きな地震がありました。

震源の深さは65.8キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.8と推定されています。

この地震による津波の心配はありません。

ロイター通信などによりますと、一部の住宅や壁が倒壊するなどの被害が出ていて、南部のエル・オロ県などで少なくとも15人が死亡したほか、381人がけがをしたということです。

また、この地震でエクアドルとの国境に近いペルー北部・トゥンベスでも子ども1人が死亡しています。

エクアドルのラッソ大統領は自身のツイッターを更新し、被害状況の把握を急ぐとともに「被災者を全面的に支援する」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加