【オールカマー】ソーヴァリアント全快 春全休と思えぬ動き 大竹師「極めて健康」

【オールカマー】ソーヴァリアント全快 春全休と思えぬ動き 大竹師「極めて健康」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

美浦Wの併せ馬で先着を決めたソーヴァリアント(撮影・園田高夫)

「オールカマー・G2」(25日、中山)

春を全休した馬の動きには全く見えない。ソーヴァリアントが22日、美浦Wでロジペルレスト(7歳オープン)と併せ馬。先行した僚馬に対し、3角手前で1馬身後方まで差を詰める。そこからゴールへの半マイルは引っ張りきり。直線はうなるような手応えのまま、6F83秒5-37秒3-11秒6で3馬身先着した。

大竹師は「上で促さず、手綱を緩めたらどれだけ伸びるのかを確認。反応、良かったですね。手前は変えていなかったけど、状態はいいです。極めて健康。ヘルシー。脚元も大丈夫」と強きな言葉を並べる。馬体重に関しても、「競馬場に行くと減るんで」と太め感を残さずにいけそうだ。

長期休養を強いられたのは、予定していた中山記念への乗り込みを開始した2月上旬に右第3中足骨の骨折が判明したため。すぐに美浦の診療所でボルト固定し、2週間とたたずに抜糸した。3月末には運動を再開。骨折後の経過は順調だ。

内容次第では、天皇賞・秋(10月30日・東京)も視野に入る復帰戦。きっちりとV発進といきたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加