2月22日は「猫の日」!「猫」にまつわるドラマを観て癒されちゃおう♡

2月22日は「猫の日」!「猫」にまつわるドラマを観て癒されちゃおう♡

  • めるも
  • 更新日:2021/02/25
No image

2月22日は『猫の日』ですね。

実はドラマには、“猫”をモチーフとした作品が多々あります。そこで今回は、“猫”にまつわるドラマの中から、ストーリーにも猫にも魅力がある6作品を紹介していきます。

いまだ人気のシチュエーションコメディ『やっぱり猫が好き』

No image

1980年代終盤~1990年代初頭ににかけて放送されたシチュエーションコメディ。連続ドラマは2シーズンが制作され、その後は不定期で新作が放送された人気作品です。

舞台は、長女・恩田かや乃(もたいまさこ)、三女・きみえ(小林聡美)の姉妹が、猫と暮らすマンションの一室。そこへ次女のレイ子(室井滋)が遊びにきたり、泊まりにきたりしている最中に起こる事件をコミカルに描いていくドラマです。

ストーリーの中で猫がクローズアップされることは少ないですが、場面が転換するときに、飼っていると思われる猫がじゃれているかわいいシーンを観ることができます。

ちなみに姉妹それぞれのキャラクターを説明すると、長女のかや乃はしっかり者だけどときどき抜けていて、次女のレイ子は破天荒、三女・きみえは天真爛漫。そして、一度たがが外れると止める人が誰もいないので、最初はちょっとした出来事だったのが、どんどん大事件に! そんな三姉妹の日常がおもしろいんです。

放送開始から30年以上経っている作品ですが、今観ても色あせていないので、機会があればぜひご覧ください。

『やっぱり猫が好き』
■放送:(シーズン1)1988年10月~~1990年3月、(シーズン2)1990年10月~1991年9月 フジテレビ系
■キャスト:もたいまさこ、室井滋、小林聡美
■スタッフ:脚本・三谷幸喜、木皿泉 ほか

猫に癒やされるミステリー「猫弁」シリーズ

No image

大山淳子さんによる小説をドラマ化した「猫弁」シリーズ。第1作は、TBS・講談社第3回ドラマ原作大賞を受賞した『猫弁~死体の身代金~』。第2作はその続編となる『猫弁~死体の身代金~』です。

百瀬太郎(吉岡秀隆)は、冴えない見た目なうえに女性関係も苦手、結婚相談所に通うもののお見合い30連敗中の弁護士。しかも、お人好しですぐに猫を拾ってきたり預かったりしてしまい、事務所がすっかり猫だらけなので通称“猫弁”と呼ばれている。しかし実は、東大を主席で卒業し、ある難事件を解決したことがある天才。
そんな彼の元へ舞い込んでくるのは、母親の葬儀で霊柩車が奪われ、大金を要求された靴屋の社長からの依頼(第1作)や、気象予報士がぞんざいに扱うようになったペットのオウムの様子を見てほしいという依頼、そこに関連した医療ミス訴訟(第2作)など。すると意外な事実が浮かび上がり……。

点と点がつながり線になっていく、ミステリー作品ならではの爽快感あり! そして、事務所に10匹いるという猫や、百瀬が飼うことにした子猫のかわいさにも夢中になるはずです。

「猫弁」シリーズ
■放送:『猫弁~死体の身代金~』2012年4月、『猫弁と透明人間』2013年4月TBS系
■キャスト:吉岡秀隆、杏、キムラ緑子、柳原可奈子 ほか
■原作:大山淳子『猫弁~天才百瀬とやっかいな依頼人たち~』『猫弁と透明人間』
■スタッフ:脚本・大山淳子
■公式:『猫弁~死体の身代金~』:tbs.co.jp/nekoben/part1
『猫弁と透明人間』:tbs.co.jp/nekoben
■視聴できるVOD:Amazon Prime Video、dTV、Paravi

猫がかわいい時代劇『猫侍』

No image

東名阪ネット6加盟局、5いっしょ3ちゃんねる加盟局で共同制作された代劇ドラマ『猫侍』。連続ドラマは2シーズン制作され、映画2本、スピンオフのスペシャルドラマまで作られた人気作品です。

斑目久太郎(北村一輝)は、かつては凄腕の剣士だったが、奉公先をリストラされ、再起を図るため妻子を国に残し、単身江戸へ。しかし仕事が見つからず浪人として貧乏暮らしをしていた。
ある日呉服屋の番頭から、主人が以前に比べて仕事がおろそかになったのは、主人のもとにいる猫が化け猫のせいだとし、猫殺しを依頼される久太郎。
報酬につられ引き受けるも、実際にその猫・玉之丞を目の前にすると斬ることができず、連れ帰ってしまう。しかも、玉之丞が久太郎を気に入ってしまったためなかなか離れない。
本来は住まいの長屋で猫を飼うことは禁止されており、しかも呉服屋には処分したことになっているので、久太郎は誰にも知られないように玉之丞を飼うことにするが……。

強面の剣豪と愛らしい猫とのギャップがくせになるストーリー。しかも、久太郎の着物の中に入って移動するときの玉之丞の表情が本当にかわいくて、ついついハマってしまう作品です。

『猫侍』
■放送:(シーズン1)2013年10月~12月、(シーズン2)2015年4月~6月 東名阪ネット6加盟局、5いっしょ3ちゃんねる加盟局 ほか
■キャスト:北村一輝、横山めぐみ、高橋かおり ほか
■スタッフ:脚本・黒木久勝
■公式:ameblo.jp/nekozamurai-movie
■視聴できるVOD:U-NEXT

猫村さんに癒やされる『きょうの猫村さん』

No image

ほしよりこの同名マンガが原作の、1話2分30秒のミニドラマです。

猫村ねこ(松重豊)は、自分を拾ってくれたぼっちゃん(濱田岳)との再会を夢見て、お金を稼ぐため家政婦として働くことを決意。そして、村田家政婦紹介所で寝泊まりしながら、犬神家で奉公することになるが、この家族は夫も妻も子どもたちも何か問題を抱えているようで……。

主演の猫村さんは松重豊さんが演じていますが、観ているうちに“猫村さん”にしか見えなくなってくるのが不思議。
そして猫村さんは、おせっかいにもワケあり家族・犬神家にグイグイ入っていくのですが、なぜか嫌味に感じません。しかも、嫌なことがあっても爪とぎをしたり、ぼっちゃんのことを思い出して幸せな気分になる猫村さんを観ていると、こちらも癒やされてしまいます。

ドラマ本編では、犬神家の問題が解決されたわけではなく、反抗期の尾仁子(池田エライザ)との距離がようやく縮まりはじめたところで最終回に。続編を期待しています!

『きょうの猫村さん』
■放送:2020年4月~9月 テレビ東京系
■キャスト:松重豊、濱田岳、石田ひかり、市川実日子 ほか
■原作:ほしよりこ『きょうの猫村さん』
■スタッフ:脚本・ふじきみつ彦、監督・松本佳奈
■公式:tv-tokyo.co.jp/kyouno_nekomurasan
■視聴できるVOD:Amazon Prime Video、dTV、TELASA、Paravi、U-NEXT

北村匠海が歌う楽曲を原案に作られたラブストーリー『猫』

俳優の北村匠海さんがボーカルを務めるバンド・DISH//の楽曲「猫」(あいみょんさん作詞作曲)を原案に作られたラブストーリー。

脳に腫瘍があり、余命宣告をされている金子みねこ(小西桜子)。大学を中退し、実家からも追い出されてフラフラしていたフリーターの天音光司(前田旺志郎)。猫をきっかけ出会ったふたりは、条件付きでみねこの家で同居することに。
距離が近づくにつれて、恋に落ちるふたり。みねこは自分の病気のせいで光司を苦しめるのではないかと悩むが、彼らには意外な結末が待ち受けていて……。

離れたくないけれど、命には限りがある。これで葛藤し、そして悲しい展開へと向かっていきますが、それでも最後には前向きになれるメッセージが込められたドラマです。
猫の存在が彼女たちにとってのキーにもなっているので、猫の愛らしさだけでなく、物語の中でどういう意味を持つのかも考えながら観ると、より楽しめる作品になっています。

『猫』
■放送:2020年11月~12月 テレビ東京系
■キャスト:小西桜子、前田旺志郎 ほか
■スタッフ:脚本・金井純一、監督・金井純一、松本花奈
■公式:tv-tokyo.co.jp/cat
■視聴できるVOD:dTV、TELASA、Paravi

孤独だったおじさまと猫の日常を描く『おじさまと猫』

No image

桜井海さんによる同名マンガをドラマ化。落ち込んでいたおじさまと、売れ残っていたブサ猫。孤独を抱えたひとり&一匹が出会ったことで、日常が輝き出す姿を描く物語です。

妻に先立たれてからふさぎ込んだ生活を送り、表舞台にも立てなくなってしまった世界的有名ピアニストの神田冬樹(草刈正雄)。
ふとペットショップに立ち寄ったときに出会ったブサ猫のふくまる(声・神木隆之介)にひと目惚れし、飼ったこともなかった猫を飼うことに。
ふくまるとの生活で日常が楽しくなった神田は、ピアノ教室の講師を務められるようになるまで回復。どんどん猫にのめり込んでいった矢先、神田のライバル的存在のピアニスト・日比野奏(平山浩行)とペットショップで再会。彼は、母親に押し付けられた猫のマリン(声・松本穂香)の世話のため訪れたが、猫をきっかけに神田と日比野の距離が近づき……。

ちなみに、ふくまるやマリンはぬいぐるみでの登場。リアルな猫ではないのですが、猫らしい仕草や心の声のおかげで、本物の猫に見えてくるからおもしろい。それに、表情や行動がキュートで観ているだけでも癒やされます。

『おじさまと猫』
■放送:2021年1月6日~放送中 水曜日 テレビ東京系 24:58~
■キャスト:草刈正雄、神木隆之介(声の出演)、平山浩行、松本穂香(声の出演) ほか
■原作:桜井海『おじさまと猫』
■スタッフ:脚本・ふじきみつ彦、伊達さん(大人のカフェ)
■公式:tv-tokyo.co.jp/ozineko
■視聴できるVOD:Paravi

ドラマで猫を楽しみたい、猫に癒やされたいときに!

ドラマに猫が出てくるだけで、楽しいストーリーはより楽しく、そして癒やしも増しますよね。
今回ご紹介した作品を参考に、『猫の日』はもちろん、そうでなくても猫の姿を観て楽しめる・癒やされるドラマが観たいときに、ぜひ、視聴してみてください!

(C)shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加