キリオスが全米オープン出場を辞退、新型コロナ懸念

キリオスが全米オープン出場を辞退、新型コロナ懸念

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/08/02
No image

男子テニスのニック・キリオス(2020年2月25日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】男子テニスのニック・キリオス(オーストラリア)は1日、「命を落とした十数万人の米国人」のために全米オープンテニスの出場を辞退すると明かした。

先週、女子世界ランキング1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の「重大なリスク」があるとして、米ニューヨークで開催される四大大会(グランドスラム)の出場辞退を発表。キリオスは同胞に続く形となった。

キリオスはツイッターに投稿した動画で、「愛するテニスへ。今年の全米オープンではプレーしない。この決断は自分の核となる部分を傷つけた」と話した。「だが俺は人々のため、オージーのため、命を落とした十数万人の米国人のため、そしてあなた方すべてのために参加しないんだ」

頑固者として知られるキリオスは6月、今月31日に本選が開幕する全米オープンを予定通り開催しようとしている男子プロテニス協会を「身勝手」だと批判。世界40位ながらも大会の目玉となっていた。

またキリオスは、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が主催したエキシビション大会のアドリア・ツアーに出場した選手の「愚かさ」とリスクの高い振る舞いを批判し、SNS上でバトルを繰り広げている。

同ツアー参加選手は、ジョコビッチをはじめグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)、ヴィクトル・トロイキ(セルビア)が相次いで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性が判明している。

「テニス選手たちへ。お互いのために行動し、皆で力を合わせなければならない」と呼びかけたキリオスは、「テーブルの上で踊るようなことはしてはいけない。拝金主義に走ってはならないし、エキシビションを主催して手っ取り早く金もうけしようとしてはならない。それはただのわがままだ」と見解を述べた。

「一度は他人のことを考えろ。このウイルスとはそういうものだ。世界ランキングや銀行に貯金がいくらあるかなんて関係ない。責任を持って行動しろ」【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加